公家芋(くげいも)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい さつまいも 金時 のお菓子

公家芋(くげいも)

京都の和菓子☆ドットコム京都の和菓子☆ドットコム
イメージです

府立植物園の前で売ってます

公家芋(くげいも)という名前のこのお菓子。 京都は北山通りの植物園の前で実演販売されています。 さつまいもから出来た、きんつばのようなおやつ。 ほかほかの公家芋を食べたくて、いつも行列ができています。

名前の割りには最近のお菓子♪

くげ、という名前から、へええ、お公家さんが食べてはったんやね、 なんて思っていました。 でも、なんと、たったの15年ほど前に出来たものなんです。

アレルギーの人のために作ったお菓子

公家芋を考案した、賀茂公家芋本舗(かもくげいもほんぽ)の店主は、 なんと、パン職人の方。アレルギーやアトピーに悩んでおられる方のお話を聞いているうちに 誰もが安心して食べることのできるオヤツを作ろう、と試行錯誤をして作り上げたものだそうです。

どんなお味?

モチモチとした食感とサクサクの外の皮。そして、サツマイモのなんともいえない、 優しい甘さ…。きんつばみたいな、焼き芋みたいな、しっとりスコーンのような…。 焼きたてのアツアツをムホムホとほおばりましょう。 洋菓子、和菓子?そんな定義はどうでもよくなります。 「ぼちぼち行きますえ〜」と、花を愛でながら歩く気分は、もうお公家さん。

歩きながら食べるのがお薦め!

思い出を余談にも述べましたが、植物園の行きかえりに、歩きながら、食べられるのが魅力ですが、 ちょっとしたプレゼントにもいいと思います。さめても美味しいですし、 オーブントースターで軽く焼けば、焼きたての風味が楽しめます。

powerd by 楽や

2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス