二條若狭屋(にじょうわかさや)家喜芋(やきいも)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい サツマイモ のお菓子

二條若狭屋(にじょうわかさや)家喜芋(やきいも)

家喜芋
イメージです

今、山で採ってきたみたいなお菓子

山野で、今、手で掘ってきたものですよ!といった感じのお菓子があります。

二條若狭屋(にじょうわかさや)の「家喜芋(やきいも)」。 丹波山芋(つくね芋)の皮で包んだ、こしあん、つぶあん、白あんの三種のお饅頭。包装も「取れたての芋」を意識していて、とても面白いのです。

工夫されている包装

竹ざるに入った饅頭には、布巾がかけてあります。 布巾をとると、土の中から取れたみたいに、お菓子が顔だすと、大人気なんだそうです。 そこに掛けてある、ふきんには、「家喜芋」と印がしてあり、プレミアものとして、隠れた人気なんだとか。 また、ユーモラスな名前の「家喜芋(やきいも)」には、 家の人が喜ぶ芋、という意味が込められています。

手作り感覚の饅頭

丹波山芋(つくね芋)を原料にした、皮は、ムチっとしていて美味しいです。 手作りで、ひとつひとつ、大きさが微妙に違い、愛嬌のある丸みがあります。

トータルデザインされた和菓子

これ、なんだか、トータルデザインで、プロデュースされている感じで、 いいと思いませんか?現代の商品企画の展開に似ています。

実は、これ、大正時代に「二條若狭屋(にじょうわかさや)」の 初代が考案したもの。 この店主、先進的で、 文才にもすぐれた粋な人。当時のマスコミで、人気の アイディアマンだったんだそうです。

すごい京菓子職人さんがいたんですね! 彼は、このユーモラスで美味しいお菓子「家喜芋(やきいも)」 を作り、当時の首相、近衛文麿に献上しました。すると、香ばしい上品さとユーモアに首相も感動したとか。

おなかが満足する上質な味わいな上に、京都らしい、アイデアに満ちたパッケージは現代でも大人気の逸品です。


powerd by 楽や

2007年2月22日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス