更新してないサイト

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

品切れサイト 見る目を養う

更新してないサイト

いつも変わらないサイト

ネットショップで、たま〜に、全然更新してないサイトがあります。

いつも同じ商品を売っている場合など、かまわないといえば、かまわないのですが。いつみても、半年以上たっても、同じ商品を、同じ文句で、同じ値段で売ってるなあ〜というお店があります。

食品サイトは、そうそう、そんなお店はないのですが。たまに、たまに、あります。

放置サイト

そういうショップは、ネットショップに力を入れていないところ。平たくいえば、放置しているところです。

メール接客も商品も配送もレベルが低いです。レスポンスが遅いです。

ネットショップを作ってみちゃった♪という軽い気持ちで、放置してあるのです。だから、何もかもが後手後手になっています。メールすら、ろくろく、チェックしていない人が運営してそうです。注文もろくにないので、従業員のスキルも向上してません。

避けましょう

それでも、そこでしか買えない商品だから、と頼んでみたら、「品切れです」と返事がきたりすることも(笑)。持ってもない商品を売っているお店だということです。実店舗と違い、商品画像はいくらでも載せれますから。

その返事も何週間もたってからきたりすることもあるので、始末におえません。

まあ、あまり、更新してないサイトには、手出しはしないほうがいいでしょう。

半年以上放置してあるサイトは、そのうち、ドメインがなくなり、サイト自体も消滅する可能性が大きいです。トラブルの元です。


2007年8月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス