送料がわかりにくいサイト

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

送料がいくらかかるか、ひと目でわかるサイト

送料がわかりにくいサイト

ネットショップでは、送料がかかる

ずらずらと並ぶ美味しそうな画像。買い物カートの場所もわかるけど、送料はいくらになるの?というショップがあります。

わざと隠しているのではないかと思うときもあります(笑)

そういうお店にかぎって、順当な送料だろうなと買い物カートに入れてみて、はじめて、なんじゃこりゃ〜という送料なのがわかったりします。当然、カートからは速攻削除しますが。

ずらずら文字の山に送料が出ている

たいていのサイトは、下のほうにずらずら送料について、細かい字で書いてあります。しかし、それを真剣に読んでから、買い物カートを押す人は少ないんではないでしょうか。

買い物手続きをしながら、あれ〜送料この値段なんだ〜と気がつく人が多いのでは?

親切な店は、商品のわきに、わかりやすく、載せてくれてますよ。

やましいことほど、小さな字で書いてある…

細かい字で、わかりにくいところに表示してある。よくよく読んでみたら、一律2000円などというびっくりするような店も!一概に高い送料だから、悪い店だとは思いません。商品によって梱包に手間のかかるものもあったり、クール便などもあり、店側の都合もあるのでしょう。

しかし、買い物してたら、結局わかるものです。それならば、なおのこと、わかりやすいところに表記してほしいものです。

美味しいもので、ちゃんとしたものなら、送料が多少高くても売れますよ。買いますよ。大丈夫、と励ましたくなります。


2007年9月6日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス