配送や到着日、なんで、色々忘れるの?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

配送の間違い 梱包の間違い

配送や到着日、なんで、色々忘れるの?

あれ、あれれれ?

不思議なんですが、熨斗(のし)や包装の指定や、時間を、間違えてくる商品があります。こちらは、備考などで、お願いしてます。

ショップからのメールで、ちゃんと確認の記載があるにもかかわらず、です。

時間の指定は、運送会社のミスもあるので、一概にはショップのせいだとはいえないのですが…

ネットショップは、間違えやすい

ネットショップは、PCの受付業務と、配送の担当が分業になっている場合がほとんどです。

パソコンで、客の要望を聞いていても、配送担当の人にちゃんと伝わっていないことも多いのです。ネットショップ自体、まだまだ、商売としてやっている人も不慣れです。連絡、伝達がいきとどかないこともあります。

特に、配送担当の部署と、パソコン応対の場所が物理的に離れていたり、別会社だったりすると、更にそれは起こりやすくなります。(しかし、そんなこと、客にとっては知ったこっちゃありませんよね)

クレームはちゃんとつけましょう

管理人が、かつて、スタッフとして、従事していたネットショップでは、複数の人間がチェックをしたり、だれもがわかりやすい確認表をつくったりしていました。が、それでもミスは出ていました。

そのくらい間違えやすいことなのです。

だからといって、間違えられた、忘れられた客は、たまったものではありません。

たかが、熨斗(のし)くらいいいだろう、と思わず、クレームはつけましょう。それが、お店の成長にもなります。


2007年8月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス