京菓子工房 都(きょうがしこうぼう みやこ) 花かずら「大納言(だいなごん)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 琥珀菓(こはくか) 茶道御用達 のお菓子

京菓子工房 都(きょうがしこうぼう みやこ) 花かずら「大納言(だいなごん)」を食べてみました!

花かずら

まずは、左側、大納言

花かずら2種類の「花かずら」というお菓子が入っている商品です。

ひとつは、大納言小豆の「大納言(だいなごん)」。もうひとつは、白インゲンの「手亡(てぼ)」。

まずは、スタンダードそうな、「大納言」から頂くことにしました。

キレイなお菓子…

花かずらそれにしても、この会社の琥珀菓(こはくか)というお菓子。小豆などの豆のまわりに寒天と砂糖を固めたもの。とてもキレイで、京都らしい。気品が感じられる姿です。茶道の賞をもらったというのも頷ける美しさ…。

食べてみました!

花かずらおお!シャリっとした感触。シャリシャリ、もこ、くちゅ、もこ、シャリ。外側の透明な部分は、寒天のような、羊羹のような、爽やかな味。そして、モコ!と口に次に入ったのが小豆です。このアズキ、もっと、アンコ〜アンコ〜というのを想像していたのですが。もっと生っぽいホコホコとした豆の風味。へえ、美味しいなあ。豆がいい。新鮮なナマっぽい豆、の味なんです。アンコとは全く違う味わいです。

しかし、新鮮で爽やかな風味なんですが、いかんせん、まわりが砂糖の寒天のため…。私には少々、甘すぎる気がします。と、いうか、1個を大事に、甘さを大事にしながら風味を楽しむ、というお菓子だと思います。

こりゃ、抹茶にあいます。抹茶が生きてくる和菓子です。ぜひ、抹茶や、濃い緑茶と共に味わってみてください。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「不思議な食感。豆の味が面白い。しかし、甘い!甘すぎる。悪いが残さしてもらう。俺には、全部喰えん。」との事です。


2007年1月29日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス