京菓子工房 都(きょうがしこうぼう みやこ) 花かずら「手亡(てぼ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 琥珀菓(こはくか) 茶道御用達 のお菓子

京菓子工房 都(きょうがしこうぼう みやこ) 花かずら「手亡(てぼ)」を食べてみました!

花かずら

もうひとつ、手亡(てぼ)

花かずら「花かずら」のもうひとつ、白インゲンの「手亡(てぼ)」。というお菓子。

アズキの大納言に対し、白インゲンのこちらは、どんなお味なのでしょうか?ワクワク。

やはりキレイなお菓子…

花かずらこちらもまた、キレイですね。

手亡(てぼ)は、白餡にも使われる白いお豆さんです。

食べてみました!

花かずらこれも、シャリっとした食感が素晴らしい琥珀羹。生っぽい豆の新鮮な優しい風味。これも実に甘いのだけど、白インゲンのニュートラルな優しい風味が周りの寒天とバランスがいいような気がします。私は大納言より、こっちの方が好きかな?白豆の風味がいい感じです。

もっと、和菓子の風味と甘さの醍醐味を味わいたい人には「大納言」の方が好きかもしれませんね。あっちは、アズキの風味がこれでもか!という感じがするので。

それにしても、大納言とこれを、2個一緒に食べようとした私は無謀だったです。どちらもしっかりと甘いので。

一日1個ずつ、お茶と一緒に、流れる時間を楽しみながら食べたい宝石のようなお菓子、「花かずら」でした。


2007年1月29日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス