京みずはの本わらび餅

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

食べてみました!京菓子 「秋のお試しセット」本わらび餅

京みずはの「本わらび餅」体験レビュー

本わらび餅

本わらび餅の包み

本わらび餅←「本わらび餅」の箱です。

実は、このお試しセットの中で、これが一番楽しみだったのです。うへへへ。

本わらび餅開けてみました。プラチックの黒文字とガイドが入っています。

本わらび餅ガイドです。抹茶蕨餅より、小さい紙ですが、少し淡いベージュ色の和紙に印刷されています。京都らしい〜。

本わらび餅ガイドをはずすと、きな粉が入った袋が登場。袋は、抹茶わらび餅がナイロンでしたが、こちらは、和紙を加工したもののようです。一押し商品だけあって、力が入っているなあ。

本わらび餅きな粉の袋を除くと、ナイロンで丁寧に包んである、わらび餅が見えます。ナイロンは少し厚めで、品質が保たれている感じです。

本わらび餅ナイロンを広げると、どーん、と迫力のあるわらび餅登場です。濃い色です。サイトの画像より濃い色なのは、まだ、きな粉をかけていない状態だからなのですね。


開けてみました

本わらび餅お皿に載せてみました。どーん、と食べ応えがある感じです。

本わらび餅上のものに、付いていた、きな粉をまぶしてみました。

本わらび餅アップです。香ばしい香りです。美味しそう。

お味の方はというと…。

本わらび餅箸で切ってみると、断面は、濃い色です。茶と灰色が混じったなんともいえない色。

本当のわらび粉を使うと、濃い色の蕨餅になると、読んだことがあります。良いわらび粉を使っている印象です。

本わらび餅わあい!半透明の切り口が美味しそうです。

味は、まず、口当たりがすご〜く、モチモチ、ヘチョ〜として、口中にきな粉とわらび餅の風味が広がり、嬉しい気分になります。これぞ、蕨餅!という味わいです。まったりと口の中で、餅が広がり、喉に通るまで、これでもか、というくらい、モチリ、マタリとまとわりつく印象です。また、甘すぎないきな粉がよい感じ。ちょっと癖になるかも…。

抹茶わらび餅が甘くなかったので、これも甘くないかと思っていましたが、これは控えめながら、ちゃんと甘いです。きな粉の味が上品です。四国の和三盆を使っているせいでしょうか。かけたきな粉は、細かくて、爽やかで、わらび餅に最初からついていたのは、湿って濃厚な感じで、その両方のきな粉のハーモニーを味わうのも楽しいです。

抹茶わらび餅が風雅な味なら、こちらは王道の味

抹茶わらび餅美味しかった。結構満足感があります。しかし、抹茶わらび餅があまりにも強烈な新鮮な味わいだったので、私は、どちらかというと、抹茶蕨餅の方が好きかもしれません。
本わらび餅ただ、抹茶と比べて、こちらの方が、わらび餅の食感と風味が生かされている印象を受けました。ああ、これぞ、食べたかった、わらび餅の王道、という味わいです。子供は大好きになるでしょうし、老若男女を問わず、大喜びする蕨餅ではないでしょうか。ああ、堪能しました。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「ああ、普通の蕨餅だ。イケてるよ。僕は抹茶よりこっちが好き。ところで、僕の分まで食べるのは、やめて。」との事です。ゴメン。


powerd by 楽や

2006年12月3日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス