紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい れんこん餅 笹 のお菓子

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」を食べてみた

紫野和久傳(むらさきのわくでん)西湖(せいこ)

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」名前だけがいつしか、一人歩きしている、「紫野和久傳(むらさきのわくでん)」。京都の有名料亭です。大徳寺の前にあります。動物性の材料を使わない、「典座(てんぞ)料理」で有名です。

そこのお菓子、「西湖(せいこ)」を購入しました。

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」れんこん菓子。

1個がたったの50キロカロリーしかない、ヘルシー菓子。

しかし、れんこんかあ。

くさかったら嫌だなあ、と思いました。

みかけはイマイチ?

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」もう、慣れたとはいえ、京都のお菓子。

有名処、老舗ものになればなるほど、外見が、どんどん、地味になっていきます。

これも、正直言うと、「これが、あの、有名な…正直言って小さいし、地味だなあ…」なんて、思ってしまうわけです。

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」半分に折った笹を竹の紐で結わえてありました。

この笹の包み方をマスターしたら、ラップを買わなくてもいいなあ、なんて、全然関係ないことを、考えてしまいました…。

開けてもやっぱり地味だった

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」でろ〜ん、という感じで、茶色いものが横たわっています。

そう、「横たわっている」という表現がまさに似つかわしい風情です。

菓子というより、生き物、セイブツ、と呼びたいです。

あの、そう、梅雨時に風呂場や庭に出現する…アレを連想するのは私だけでしょうか?

切ろうとしてみた

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」フルフルしている様子なので、スパンと切れるかと思いきや、弾力がけっこうあります。

香りは、意外にニュートラル。

レンコン臭いかと思いましたが、ほんのり、笹の香りがする程度。

半透明。フルフル。ヤワヤワ。

食べてみた

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」旨い!うまい!うまああああいっ!!

O(≧∇≦)O

すいません。いきなり叫びまして。

いや、開口一番。

ものすごく、おいしい。

それしかないです。

梅雨時の風呂場のアレを連想した自分が恥ずかしくてしょうがありません。申し訳ありませんでした。
m(。−_−。)m

だから、京都のお菓子はやめられない。このそっけない姿と味のクオリティのギャップ!

エロチックな食感

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」まず、最初に口にいれたとき、甘さがほとんど無いのです。

で、それから、ものすご〜く、風味のいい和三盆の味がフウワリ〜ときます。

それから、ようやく甘さがやってきます。

餅がヤワヤワ。

しかし、弾力があるので、口の中で、ものすごいエロティシズムを発揮します。

ムチムチフルフルヤワヤワ(^。^/)

これがレンコンの威力。しかし、レンコンの臭さは全くないのです。

だから、京菓子はやめられない

漫画「へうげもの」の中に、利休について家康が述べるに、

利休殿の茶はうまい…略…しかし、あのうまさはなんなのだ…「どうだ うまかろう」という自慢が全くないのだ

というセリフがありました。

本当に美味しいものには、その「どうだ うまかろう」というのがない、のではないでしょうか。

見かけや、季節感をこれでもかと表し「美味しいのよ、私は美味しいのよ」「私はこんなに物知りなのよセンスがいいのよ」と、クドクドしく語るお菓子とは対極にあります。

大声で叫ばない個性の中にブレない芯を有している、このような菓子を食べるたびに、自分の仕事や作品もそうあらねば、という気分になります。

だから、京菓子はやめられない、と思う瞬間です。

東京でも買えます

紫野和久傳(むらさきのわくでん)「西湖(せいこ)」上品で上質。しかし、てらいがない。

最初に貧相に思えてしまった笹が、宝石をつつむ、ベルベットのように思えてきました。

スガスガしい笹の青と餅の深い茶色の対比。

美しい。これからは、これを見るたびに、浮き足立つこと間違いありません。

(しかし、最初の文章から、豹変してるなあ、われながら(笑))私、食べ終わったあとに、笹に残ったカスを舐めてしまいました。ほんとに…。美味しすぎて。行儀悪いですが。

健康に非常にいい菓子なので、年配の方への進物にもいいでしょうね。しかし、若い人も夢中になるでしょう。この味は。

京都では、各支店の他に、伊勢丹でも買えます。また、東京では、丸の内や玉川の高島屋でもお買い求めできるそうです。


2007年3月16日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス