塩芳軒(しおよしけん)「千代たんす」落雁”小口(こごう)”

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 雛祭(ひなまつり) お干菓子・京菓子 のお菓子

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」

桃の節句の干菓子の一段目

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」塩芳軒(しおよしけん)の「千代たんす」

とても人気のある干菓子のセットです。

桃の節句、雛祭(ひなまつり)。他、結婚式にも用いられることも多いそうな。雅で華やかな京菓子。

一段目からいただきました。

ついていたパンフの字が達筆すぎて読めませ〜ん。

嵯峨野の美女の唇(くちびる)

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」もうひとつの栞(しおり)のは読めるかも…

「小口(こごう)」

高貴な女性の唇をイメージしたとかなんとか…(高尚な文章なので、いまいち意味がわかりにくい…すいません。アホで。)

京都嵯峨野の美女の唇の和菓子であり、大徳寺納豆(だいとくじなっとう)が入っているというのは分かりました。

上品な落雁(らくがん)

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」よく見ると、

松の干菓子が折れている…

ちょっとショック…。よく見ないと分からないくらいの破損なんですが…。(通販だしねえ…。私も箱をジロジロみるために、何度も左右上下に動かしたので。運送屋のせいかどうかも分かりにくいですねえ。)

繊細な干菓子。かわいい落雁がいっぱい。緑とピンクが上品なアクセント。

うれしくなります。

以前も食べた?

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」”おっぱい”(笑)のような、”おちょぼ口”のような

こういうの、どこかで食べたことあるような…。

そうだ!山科の芳治軒(よしじけん)のものです。

それもそのはず。芳治軒(よしじけん)は、この塩芳軒(しおよしけん)からの分家というか、暖簾わけというか。そういう関係にあるお店なんだそうです。

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」和紙で包まれたのも、同じお菓子でした。

同じお菓子を、包んだり包まなかったりして、かわいく演出している。キュートで、気がきいてますね。

5分、放心する。京都の落雁(らくがん)

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」乾いた味かと思いきや、半生に近い優しい柔らかさ。

一口かむと、じわ〜と繊細な味がします。すごく丁寧に作ってあると思います。まさに手作りの味。

不思議なんですが、落雁がバニラのようなフワ〜ンとした深い味わいなんです。

大徳寺納豆(だいとくじなっとう)がアクセント。これ、京白味噌と同じく「???」という京都独自の食材のひとつなんですが

なかなか、いい味を出してます。

大徳寺納豆は癖のある食材なんです。が、このしっとりした落雁に入っていると、その発酵した風味が、なかなか、良い。

塩気と豆の歯ごたえ。とてもちょっぴりなんですが、あとくちに残る。それがすごく上品。複雑な風味をつくりあげてます。親指の先ほどしかない大きさの和菓子ひとつに、深い世界が凝縮されている。こってりしてるような、爽やかなような、甘いような、ほんのりしているような、パンチが効いているような、お酒のように酔うような。男のような、女のような。

食べたあとの余韻がすごいんです。夢見るように、しばらく5分は、ボ〜として。他のものを口に入れる気分にならない。濃い緑茶を口にしてはじめて、俗世に戻ってくるような。

powerd by 楽や
2008年2月21日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス