塩芳軒(しおよしけん)「千代たんす」”さざれ石”

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 雛祭(ひなまつり) 落雁(らくがん)・京菓子 のお菓子

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」

桃の節句の干菓子の三段目

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」塩芳軒(しおよしけん)の「千代たんす」

最後の段は、落雁(らくがん)と有平糖(あるへいとう)のセット。

中はこんな風

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」

ジップ付の袋は、清潔そう。品質が保たれている感じで好感がもてます。

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」二段目でも苦労しましたが、

この段も、

一度全部出し、再び閉めようとすると、しめにくい…。

デリケートな有平糖、われる

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」私が無理に入れようとしたせいか、もともと、配送の途中で割れていたのか…美しい有平糖(あるへいとう)が真っ二つになっていた…

あああ〜(泣)

有平糖(あるへいとう)は、キャンデーのような、固めの飴ではない。茶席で食べるため、やわらかく、デリケートにできています。ちょっとしたことで割れてしまうことも多い。

とはいえ、他の段もあわせ、合計2つの干菓子の破損はちょっと問題かも…。我が地区の宅配業者が非常に荒っぽいという原因もあるのですが…。やはり、文句を言いたい、と思い、電話してみました。(この一年、なんじゃかんじゃと高島屋にクレーム電話をかけつづけ、ブラックリストにのっているかもしれないワタクシです…(苦笑))

いつも百貨店サイトって大なり小なりトラブルあるなあ。はやく市場が落ち着いてくれないかしら…。

またもやクレーム電話した

とはいえ、他の百貨店通販サイトより、高島屋には好感がもてます。その理由として、電話応対等がけっこうしっかりしている。加えて、少しずつ、サイトが使いやすいように改善されているところ。(それでも全然買いにくいけど…)今回も、カスタマーの電話番号がわかりやすくなっていて、以前よりは、買い物しやすかったです。

高島屋との電話のやりとりは、いい印象を受けました。特に京都の高島屋は京菓子について、強烈なプライドがある。「千代タンス」のどれがと言うと、瞬時に詳細をわかってくれました。商品知識もあり、素晴らしい電話接客でした。有平糖(あるへいとう)が破損していたと聞き、すご〜く悲しんでくれ、交換を申し出てくれました。が、断りました。もう、いくつか食べちゃったし(笑)、交換品で、何食わぬ顔でレビューをするのはヤダ、と思ったので。いいことばかり書く気なんて毛頭ないですもん。

壊れがちな菓子とはいえ、配送・梱包にもっと注意してほしいのは事実。塩芳軒(しおよしけん)さんに失礼じゃないですか。すごい老舗なのに。高島屋のせいで評判落ちたらどう落とし前つけてくれるねん。(←エラそう)高島屋の売り場の方、本気で、改善を約束してくれました。今後のお手並み拝見といたしましょう。

このサイトを通じて、高島屋ネットショップから「千代タンス」を購入していただいた方、万が一破損していたら、…まことに申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。すぐ高島屋ネットカスタマーに電話してみてください。対応してくれるはずです。(1個くらいまあ、いいや、と思わないでください。京菓子は見た目も命なんですから。

細石(さざれいし)とは?

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」「さざれ石」

石みたいな落雁(らくがん)。

あれ?「さざれ石」ってどこかで聞いたことがありますよね。

そう、国歌「千代にやちよに…さざれ石の…♪」

のに出てくる石のこと。

この、ありがた〜い細石(さざれいし)。なんと実在するものなんですって。黒田正子氏の書籍『京都の不思議』(ランダムハウス講談社)によると、右京区の嵯峨野、大覚寺に通う道「千代の古道」の途中にあるそうな。(現代は入山不可)天皇家にまつわるものは、京都に多いとはいえ、さざれ石まで、ちゃんとあるとは。恐れ入りましたね。

食べてみました

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」石を模した落雁(らくがん)。ゴツゴツした形。

同じ形がない。手作りのかわいさ。

ふんわり、クリーム色が優しい。

この有平糖(あるへいとう)の色艶のきれいなこと。

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」口の中で、ほろりとくずれて、じんわりとける。

リボンの形をした飴ではありません。あくまで有平糖(あるへいとう)。まったく別のお菓子と考えてもいい。口ごたえがキャンデーとは全く違う。すごく繊細。だから、ちょっとしたことで壊れるのは仕方ないのですが。甘みが抑えてあり、歯ごたえが優しい。

ゴツゴツした外見の繊細な和菓子

塩芳軒(しおよしけん)有平糖・落雁・干菓子「千代たんす」このさざれ石も、ただものではない。

一見、ゴツゴツしてるんですが。食べるとその繊細さ、豪華さに舌をまきます。

口に入れて、まず、爽やかな粉がふわ、と来る。それから、パリン!ポリン!と口で割れながら解けていく。歯ごたえが快感!豊かなボリュームがある。

落雁の醍醐味が十分味わえます。落雁や干菓子ってどれも同じようなものだと思いがちですが…。

この千代タンスの干菓子は、どれも個性がある。歯ごたえから風味、味。グラデーションのような、花のような、彩りがある。単純に抹茶味だとか、チョコレート味だとかで分類できるようなものではない。豊かで複雑。奥深い味蕾(みらい)のバリエーションなのです。

口の中で鈴が鳴るような心地よさ。甘さがじわあ〜と身体にしみいる、和の味。京都。

powerd by 楽や
2008年2月25日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス