月乃ぴょん屋 迎春京の上生菓子「丹頂(たんちょう)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 月乃ぴょん屋 京菓子 のお菓子

月乃ぴょん屋 迎春京の上生菓子「丹頂(たんちょう)」の味

京都の迎春の生菓子

吉祥の鳥「丹頂(たんちょう)

京都の迎春の生菓子あけましておめでとうございます。

新年最初のレビューは、「丹頂(たんちょう)」と「あけぼの」という月乃ぴょん屋の上生菓子からはじめたいと思います。

京都の和菓子☆ドットコムまずは、「丹頂(たんちょう)」。いわゆる長寿の鳥をモチーフにしたものですね…。

うむむ、上の赤いの、これを鶴の頭の赤いのに見立てているのですね。

この絵の具でサッと描いたような緑はなんだろう…。また、松の枝みたいな柄は、鶴の足を意味しているのかな…。(こういう想像で遊べるのが和菓子の醍醐味ですな〜和菓子屋さんも、こんなイメージはどうだ!て、色々スケッチして考えてはるに違いないです。)

しかし、この松の枝みたいなの、なんだか、ニコニコマークみたいでかわいいですね。丸いおまんじゅうの形なので、いっそうお目出度い雰囲気のお饅頭です。いただきま〜す!

シンプルな形の中に完成された迎春の味

京都の迎春の生菓子 むふ。食べてみたら、おまんじゅうのまわりの衣(皮?)がフカフカしているのに、シットリして美味しいです。

皮、美味しいなあ。優しい食感の皮です。

アンコもそう甘すぎないし…。皮の風味とあっています。幸せになるお味です。

今回のシリーズ、私の中では、この「丹頂(たんちょう)」に花丸をつけたいです♪


2007年1月10日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス