笹屋昌園(ささやしょうえん)「花灯路(はなどうろう)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 花見団子 桜の上生菓子 のお菓子

笹屋昌園(ささやしょうえん)「花灯路(はなどうろう)」を食べてみました!

京都の美しい灯篭の桜道をイメージしたお菓子

笹屋昌園(ささやしょうえん)「花灯路(はなどうろう)」「花灯路(はなどうろう)」

京都の花街がある、東山。そこの石畳の灯篭(とうろう)をイメージしているお菓子だそうです。外郎と白餡の上生菓子。

お菓子を見ていると、思い出がよみがえってきました。昔、東山で、友達と飲んだりしながら、散歩したり、鴨川をながめたりしたのです。

ここのお菓子は、色がどぎつくなくて、良いですね。ほんのり自然なピンク。この老舗は、素材の美味しさを生かすため、保存料や、防腐剤を使わないで作っているのだそうです。

愛おしくて、はんなり、のお菓子

笹屋昌園(ささやしょうえん)「花灯路(はなどうろう)」黄色のポチポチのかざりが、なんともかわいい灯りのよう。

そして、型抜きされた桜。

ちょうど、こんな風に、路に灯りがついていたなあ。

桜も咲いていたなあ…

この抽象的な形。ちょいと、へこんでいる外郎の形が何を意味しているのかな?愛おしくて、はんなり…。

職人さんのイマジネーションの世界に酔いしれますねえ…

上品な白餡

笹屋昌園(ささやしょうえん)「花灯路(はなどうろう)」外郎のお菓子なので、

ウイロウ好きの連れ合いから先にお味見。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「見た目かわいいね。何か入ってる。

歯ざわりがいい。しろあんうまい。モチもうまい

。ウイロウムチムチいいね〜。

普通の感じ?予想通りの味かと思いきや、うまいや。」との事です。

上質白あん は、なんと、備中白小豆

笹屋昌園(ささやしょうえん)「花灯路(はなどうろう)」次は、ワタクシが頂戴しました。

ああ。相当美味しい。

甘すぎない。そして、上品。

自然な風味。

これぞ、京菓子という味です。

白あん、美味しいです。すごく。

材料を見たら、ちゃんと白小豆の白あん。

それも、「備中白小豆」。

最近は、白小豆を使った白あんは、少なくなってきています。加えて、備中白小豆は、白小豆の中でも最も高い品質を誇るもの。

歯ざわりがよく、甘さが上品なはずですね。

ああ、こんな美味しいのを堪能できるとは…。


powerd by 楽や

楽天市場販売サイト→京菓子笹屋昌園
2007年3月16日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス