笹屋昌園(ささやしょうえん)「花遊(かゆう)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都有名和菓子 京都老舗の和菓子 のお菓子

笹屋昌園(ささやしょうえん)「花遊(かゆう)」食べてみました!

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」

京都右京区のお店

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」笹屋昌園(ささやしょうえん)。ネットで取寄せしました。栗のパイ菓子。以前食べたことがあるんです。リニューアルしてはりました。

ハッピータイムから「花遊(かゆう)」という名前になった。花遊(かゆう)というと、思い出すのは、花遊小路(かゆうこうじ)。四条から京極に行く道です。どんな道かって?ジグザグしてる、情緒のある道。ぜひ、歩いてみてください!

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」箱を開けると、

華やかで、輝くような美しさ!

びっくり!

京都らしいデザイン

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」わあああ〜

…このリニューアル…すごい。

かわいい!きれい!

金の印刷が。それも多層印刷のような…。

私、この店の包装紙に使われている、サーモン系のような、紅梅のような、ピンク、大好きなんです。

それを上品にあしらって…。

雅(みやび)なのに、威圧的でない、柔らかなデザインです。

前回、えらそうに、色々、意見をツラツラ述べてしまった…(私ごときのサイト、お店の方に見ていただいたとは思いませんが…スンマセン)

材料表記も、きっちり書いてある。袋もあけやすい。キレイさだけでなく、消費者にとって優しいものに一新してあります。

栗の和風パイ

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」栗のパイなんです。

一見、洋風のパイ菓子そのものなんですが…

白あんが栗と!

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」栗のまわりを白アンがかこんでいる。

レッキとした和菓子なんです!

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」栗はね、渋皮栗。

白小豆は、なんと、白手亡(しろてぼう=白いんげん)の他に、備中白小豆(びっちゅうしろあずき)が使われているのです!

備中白小豆(びっちゅうしろあずき)は白餡の最高級材料。代替品である白いんげんだって、昨今は少なくなりました。こういう、すごい材料がさりげな〜く、使われているのです。

味もバージョンアップしはった?

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」いやあ、すごいわ。

この渋皮栗の風味、しろあん。あん、見かけより、たっぷり。爽やかで、クリーミー。これを食べると、西洋のカスタードクリームがいかにクドクドしいものなのか、わかります。

備中白小豆(びっちゅうしろあずき)恐るべし!

笹屋昌園(ささやしょうえん)夏の上菓子と、「花遊(かゆう)」包丁でなく、手で割るとこんなんです。(行儀悪くてスイマセン)

渋皮栗の風味と旨み、以前よりアップしているような気がしますが。秋だから?それとも包装のせい?

栗のほこほこさ、甘露煮の蜜と白あんの極上の味。それを、パイ皮がサク、シト、とまとめあげる。口の中でゴチャゴチャになって、喉(のど)を通る。

栗が主人公のようで、そうでもない。このものすごい白アンがなくては、この味にはならないでしょうから。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「うおおお!うっめえ!このバターっぽいのとか、なに?」との事です。


powerd by 楽や

楽天市場販売サイト→京菓子笹屋昌園
2007年11月7日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス