笹屋昌園(ささやしょうえん)粽(ちまき)をほどけ!

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 子供の日のおすすめ京菓子 わらび餅

笹屋昌園(ささやしょうえん)粽(ちまき)をほどけ!

菖蒲が印刷された掛け紙

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」さて、今度は、粽(ちまき)です。

チマキは、元々京都発祥のお菓子。「子供の日」に食べるものです。

端午の節句の花である、「菖蒲」を印刷した、掛け紙がステキです。

国産笹の葉で巻かれた三色手作りチマキ!

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」この笹屋昌園さんの粽は、外郎(ういろう)粽(ちまき)。

白だけでなく、抹茶や、黒糖味もある、バラエティミックス。このように抹茶味のチマキがあるお店は珍しいようですね。

どれがどの味か迷っていたら、親切な案内書きが付いていました。

このお店で今回頼んでみたのは、すみからすみまで、原料にこだわっているから。

せっかく、はじめて、本場京都のチマキを食べるのだもの。国産の材料で、手作りのものが食べたいのです。

この店は、巻いてある紐にいたるまで、国産材料を厳選してる珍しい老舗なんです。笹は、鞍馬の熊笹。笹を巻いている紐は、イ草の(=畳の原料)芯を取った皮の【イ殻】と呼ばれるものだとか。縛り易い琉球イ草を使う店が多い中、この老舗は、内地産のイ草を使っているのだそうです。すごいこだわりです…。

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」さすが、国産手作りの粽の姿は、違う。

清清しい青さが、まさに子供の成長を祝っているようです。

こうして、飾っていると、カッコイイなあ。しかし、いつまでも飾っていてもしょうがない。

食べましょう!

どうやって食べたらいいの?

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」

とはいえ、どうやって、むいたらいいのか…?

説明書きとかないのかなあ、なんて、思っていました。すると、ヒョイ、と結び目がとれる場所が見つかりました。あらら、簡単に剥けますよ。

むくべし!むくべし!

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」お〜、剥ける、むける!紐がどんどんグルグルほどけますよ!

これ、子供と一緒にほどくと、メチャクチャ楽しいと思います。

「草だけで、こんな風に、日本人は、昔から、包んできたんだね〜」

なんて、言いながら…

 

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」おお、こんなに紐を使ってたんですね。すごい、手間がかかっていますね。

粽をほどくのは楽しいです。

これは大人でも面白いですよ!ちょっと夢中になりました。

楽しく、笹の紐をほどきましょ〜!

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」

大きな包みをほどいたら、次は、小さな包み。これも、ちゃんと、丁寧に、粽(ちまき)結びされています。

笹屋昌園(ささやしょうえん)端午の節句の和菓子「粽(ちまき)」結び目をといていくと、

爽やかな笹の香りの中から、

パア!と真っ白な外郎が!

これは感動です。

この笹の青と外郎(ういろう)の白のコントラストはステキです…。


powerd by 楽や

楽天市場販売サイト→京菓子笹屋昌園
2007年4月23日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス