東京 和菓子三昧(わがしざんまい)その2 羽二重団子(はぶたえだんご)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

東京の美味しい 羽二重団子(はぶたえだんご) おだんご

東京 和菓子三昧(わがしざんまい)その2 羽二重団子(はぶたえだんご)

羽二重団子(はぶたえだんご)

日暮里の羽二重団子(はぶたえだんご)

羽二重団子(はぶたえだんご)東京、「日暮里(にっぽり)」駅より、歩いてすぐ。

羽二重団子(はぶたえだんご)」という店があります。

夏目漱石や正岡子規などの文人が愛した団子の老舗です。

羽二重団子(はぶたえだんご)店の案内によると、

江戸後期、文政2年(1819)。人々に供された団子。それが、羽二重(はぶたえ)のようだと賞賛された。そこから、羽二重団子(はぶたえだんご)と呼ばれているのだそうです。

羽二重(はぶたえ)とは、絹織物のひとつ。着物の裏地などに使われる、光沢のある白のシルクのことです。

(羽二重餅(はぶたえもち)というのは、福井から始まったもの。福井は羽二重織がさかんだった事から、この名前がついたとされています。)

江戸の粋!羽二重団子!

羽二重団子(はぶたえだんご)店内には、素晴らしい武家屋敷風の日本庭園があります。

都会の中で、そこだけ、張り詰めた静寂。タイムスリップしたかのような、雰囲気。

和服の文学者の方のような方もおられました。タバコを燻らせながら、団子と読書を楽しんでおられました。

ふ〜む。東京下町の粋な老舗っていうのは、まさにこんな店をいうのでしょうね。

メニューは、羽二重団子のみ。煎茶つきか、抹茶つきか、選べます。醤油の団子と、漉し餡のと2種類です。

辛い団子と甘い団子

羽二重団子(はぶたえだんご)東京下町っ子の連れ合いが、

これこれ!東京といえば、この醤油味の香り。香ばしい団子の匂いなんだよ!これぞ、東京!

と、嬉しそう。私は、こういう甘くないのは初めて食べました。とても新鮮でした。

醤油のつき加減がGood!。辛すぎもせず、焼きすぎもしていない。香ばしさと旨みが凝縮されています。キメが細かく、弾力充分の歯ごたえ。丁寧に作られた素晴らしい味です。

羽二重団子(はぶたえだんご)漉し餡は、甘さがさっぱりしています。東京らしい、味わい。

京都だと、こういう団子なら、アンコがもっとシットリして、女性的な美しさで供されるような気がします。

姿も形もあっさり。しかし、味わいは非常に上質。

まさに、武家社会のスイーツ。毅然とした文化そのものという気がします。

羽二重団子(はぶたえだんご)ステキなオリジナル湯のみ。

「羽二重だんご」って書いてあるのです。

店内には、和菓子の専門雑誌を持ったお客さんがチラホラいました。

和菓子ファンなら、一度は楽しみたい東京の老舗です。

>> 続き 浅草発祥のあのお餅!
2007年5月3日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス