中野の「都こんぶ」を食べてみました!

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 駄菓子 懐かしのオヤツ のお菓子

中野の「都こんぶ」を食べてみました!

中野 都こんぶ

あの、駅でみるオヤツ

昨日、○イエーのお菓子コーナーをうろついていたら、懐かしいものを発見!あの「都こんぶ」です。ボンタン飴や森永キャラメルと共に、日本人には親しいあのオヤツですね。

わあい、まだ売ってるんだ〜と思いつつ、買いました。ところで、ふと、この「都こんぶ」の都って何?と思いました。東京なの?京都なの?それともニューヨーク?(なわけない)

ビジネス雑誌に成功談がのっていた

そういえば、先々月だったか、PHP出版の「THE 21」にこの都こんぶの開発者の方の話が、漫画化されていたような…。京都出身者の方が大阪堺で作った商品なんだとか。

京都への憧れや、郷愁、情緒をもりこんだお菓子として、都こんぶは誕生したのだそうです。開発者の方が、苦労と工夫と創意を重ね、誰もが知るヒット商品「都こんぶ」を作りあげたのでした。

なつかしの赤い包装は今もかわらず

中野 都こんぶこの、赤い目がさめるような包装は、今も変わっておらず、嬉しいですね。

販売会社は、大阪堺。

何故かというと、大阪の堺が昆布の流通ルートだったからなんですって。

味はやはり、すっぱいわ…

中野 都こんぶ実をいうと、子供のころ、あんまり好きではなかったのですよね。遠足のオヤツに持っていった思い出があるくらいで。

今あらためて、食べてみても、やはり、好きではない(スイマセンッ)。しかし、ああ、これだ、これだ、強烈なスッパ甘い昆布の味。思い出したよ…。という感じです。目が覚める味です。あいかわらず。しかし、京都の本質を如実に体現しているような味ともいえます…。

この味を生み出した人というのは、本当にアイディアマンですね。昆布をこの味にして、この携帯用のサイズにするとは。加えて、シンプルなのに忘れられない赤のデザイン。この包装は永遠に変わらないでいてほしいものです。

受験勉強にも、ホワイトデーにも…

しかし、この健康そうな味わい、目のさめるコク。勉強中のオヤツにぴったりではないでしょうか。今、私の残したこの「都こんぶ」を連れ合いが仕事の勉強をしながら、セッセを食べてくれています。お茶にも合うようです。

ホワイトデーの義理返しにもいいのではないでしょうか。仕事中のOLも、これは懐かしいし、受けるでしょう。眠くなる午後の仕事の集中力も増すし、喜ばれるに違いありません。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「すっぱい」との事です。

楽天で買える「都こんぶ」
Yahoo!で買える「都こんぶ」のお菓子
「都こんぶ」の中野物産株式会社さんのホームページ
2007年2月18日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス