塩瀬総本家(しおせそうほんけ)について

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう) 宮内庁御用達 のお菓子

塩瀬総本家(しおせそうほんけ)について

すいません!塩瀬を知りませんでした!

関東にお住まいの方にとっては、「塩瀬」は、あまりにも有名なのものでしょう。

しかし、私、まったく知らなかったんですね。なので、NHKの「美の壷」という番組で、出演されてた、塩瀬の当主の川島英子さん。彼女を見ても「どこの老舗だろ〜」なんて、思っていたんです。三島由紀夫をはじめ、文学にも多く登場しているという塩瀬の饅頭。知らんかった。お恥ずかしいことですわ…。

「まんじゅう屋繁盛記 塩瀬の六五〇年」

塩瀬総本家(しおせそうほんけ)「志ほせ饅頭」しかし、この「まんじゅう屋繁盛記」という本。

もともとは、京都の饅頭の歴史を知ろうとして、読んだのですが…。

内容に非常に感動しました。

そして、一度、塩瀬饅頭を食べてみないことには…、と強く思ったのでした。

一京都の歴史のみならず、饅頭が日本に伝わったこと。日本人がどのように饅頭を愛したか。そして、戦中戦後にかけて、老舗の暖簾を守る、とは何か。という事が丁寧で誠実な文章で書かれているんですね。

著作権の関係もあるので、詳細には述べることはできません。が、まじめなだけでなく、非常に読み物としても面白い。

現当主であられる川島さんが、京都建仁寺のお墓の前で、ふと、思いついたこと。そこから、物語ははじまります。それをきっかけに先祖の供養だけではなく、日本の饅頭の歴史にせまる、大冒険(おおげさではなく)がはじまるのです。

「まんじゅう屋繁盛記 塩瀬の六五〇年」岩波書店 川島英子 2006年

京菓子の祖の老舗として、ご紹介

このサイトは、京菓子のジャンルを扱うことにしています。塩瀬を京菓子かと問われたら、否、といわざるを得ないでしょう。

京都の塩瀬は、寛政10年(1798)に途絶えています。(とらやは、明治期以降に関東に進出したので、微妙なところです。現一条店があるので、京菓子と判断させていただいてます。)

しかしながら、現京都、烏丸三条の三井住友銀行周辺の、饅頭屋町。日本と京都の饅頭の歴史を語る上で、欠かせないこの土地。その中心的、主要な老舗として、塩瀬はあります。

京都の饅頭の祖として、偉大な番外編として、塩瀬饅頭を、語ることをお許しいただきたく思います。

本サイトと楽天店がある!

サイトは、塩瀬の本サイトと、楽天店があります。楽天店で、今回購入しました。様子を見ると、どうやら、最近ネット販売を開始したような様子

紫を基調にした、高級感があるのに、威圧感がない見やすいデザインです。

送料がなぜに!?

まずは、元祖の塩瀬饅頭よね。と思って頼んでみたら、カード支払いができない。そして、送料が750円と代引き手数料315円。あらら、商品の倍の値段になっちゃたよ。

クール宅急便でもないのに、この送料。高いんでないかい…。塩瀬じゃなかったら、メールで一言いいたいところだわ…。

しかし、到着を今か今かと待つ私…。はあはあ。食べたくて、うずうずします。

続き >> 到着しました!
塩瀬総本家(しおせそうほんけ)ってどんな老舗?
薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)って何?という方はこちらへ
饅頭は、どんな風にして日本にきたの?という方はこちらへ
2007年4月6日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス