煎茶(せんちゃ)の入れ方

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい お茶の入れ方 緑茶

煎茶(せんちゃ)の入れ方

煎茶
イメージです

和菓子に欠かせない

最近は、コーヒーや紅茶にあう和菓子も多いですが、やはり、一番美味しいのは、日本のお茶。簡単な煎茶の入れ方です。

茶葉は沢山入れます

煎茶大さじ2杯程度の茶葉を入れましょう。

タップリが美味しいですよ。

一度、湯のみを温めます

煎茶お湯をすぐ、急須にいれずに、いったん、使う湯のみに入れます。

こうすることで、適温の80度くらいになります。

湯のみも暖まって、いい事づくめ。

お湯を湯のみから急須にいれます

煎茶その湯のみに入った熱湯を茶葉の入った急須に入れます。

湯のみを持つ手が熱かったりすることもあります。気をつけて!

待ちます

煎茶1分くらい手を急須の上から添えて待ちます。

ゆすったりしたくなる時もありますが、渋みが出てしまうので、揺すったりせず、ジッとガマンしましょう。

この時間をゆったり過ごせるようになったら、煎茶の達人だとか♪

最後の一滴までしぼりとる!

煎茶さあ、美味しいお茶がはいりましたよ〜!

急須にお茶が残っていたら不味くなります。

美味しいお茶を最後の一滴まで、出してしまいましょう。

二回目からは、1分待たずに、すぐ、注いでください。

京都の宇治茶

京都の宇治茶は甘みのある美味しいお茶ですよ。ぜひ、京菓子を宇治茶で召し上がりください。ほっこりした和菓子タイムが楽しめますように…。

楽天で買える京都の宇治の煎茶
2007年2月8日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス