京都の和菓子とは

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の和菓子とは?

ふだん着と よそ行き を住み分けている

京都の和菓子☆ドットコム千年の古都、京都。

そこで作られるお菓子は、ふたつに分類されます。

●「おまん屋はん」→団子、大福、といった、普段使いのお店 親しい人と食べる普段着のオヤツ。お饅頭屋さん。

●「お菓子屋はん」(上菓子屋さん)→茶席に用いられるお菓子や、祝儀や贈答用の菓子を扱うお店

このように、京都のお菓子は、よそ行きの顔と普段着の顔の住み分けがはっきり決まっています。これは、日本人特有の、ハレとケを重視する宗教観から来ていると思われます。

寺社の門前菓子や、祭のお菓子

京都の和菓子☆ドットコムまた、上記にあてはまらないものに、寺社や観光地の門前菓子があります。 それらは、祇園祭など、京都の行事にも欠かせない存在です。

京都には、古くは室町時代から、変わらぬ味を作り続けている店が多くあります。

古都を観光しながら食べるお菓子は、何よりの楽しみのひとつです。

スイートな京都世界を楽しんで!

このサイトを読んでくださるあなた様が、京都の「はんなり」な甘い世界を堪能していただけたら嬉しく思います。

基本的に京都の和菓子を紹介していますが、和洋の境界線は厳密ではありません。「和」を感じさせる京都テイストなら、OK。美味しければどんどん、掲載しています。

私の勉強不足な部分、味覚の未熟さがめだつコンテンツもあるかと思います。お気づきの点があれば、ご指摘いただけると幸いです。

2006年12月15日 萩谷


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス