モニターレビューはいたしておりません

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 和菓子有名ネットショップ アフィリエイトの落とし穴

モニターレビューはいたしておりません

商品提供は原則として受けません

拙サイトも見ていただける機会が増え、時折、私に和菓子をプレゼントしてくださるお店さまがいらっしゃいます。

大好きでたまらない和菓子だし、そう言っていただいたり、プレゼントがきたりするのは、とても嬉しいです。正直、言うと、飛び上がらんばかりの嬉しさです。

しかし、お申し出をいただいても、お断りさせていただいています。自分が何か、力のある人間のように勘違いして、驕(おご)ってしまい、物を見る目、作るセンスがぶれてしまうのが、とても怖いからです。

人間、たいしたこともないのに、物をただでもらって喜んでたら、終わりでしょう。某官僚じゃあるまいし。(※しかし、友人からのプレゼントやお中元等は別ですよ。友人よ、家族よ、親戚よ、ぜひ、私に京菓子を!)

モニターレビューはいたしません

最近、企業からお金や物品をもらい、さも、消費者の立場にたったような提灯記事を載せるブログやサイトを目にします。このサイトは、原則として、そのようなモニターレビューをしないことにしています。

このサイトは一部、アフィリエイトプログラムを使っています。読者の方が、そのプログラムを利用して、時折、お買い物を利用していただけることで、私の日々の菓子代の一部程度(ほんとに微々たるものです(苦笑))がまかなわれています。営利目的のみで、このサイトを運営しているというように、読者やお客様思われて、信頼を損ねたくないのです。

アフィリエイトのため、ただで商品をもらうためにこのサイトを運営しているわけではありません。

こんな私でよければ、買って味見させてください

なので、レビュー宣伝を行ってほしいとの意向のある企業やお店さまからの無償の商品提供は一切受けないことにいたしました。

私のサイトは小うるさいので、宣伝に少しもならないとの評判です。(笑)なので、かえって宣伝にならないかもしれませんよ。

しかし、本当に美味しいお菓子は、食べてみたい。どうぞ、タダで提供しようなどとは思わないでください。宣伝してほしいほど、美味しいものなんですよね?ぜひ、お金を出して買いますよ。どうか、御社のお菓子がどう美味しいのかアピールしてください。ぜひ、買って、一消費者として率直に感想を述べさせてください。私のセンスや味覚が悪くて表現が変だという印象がありましたら、おっしゃってください。文章も書きなおします。私は、お金を出して、京菓子を楽しみたいんです。

実は、こんなことがあった

と、なんで、こんなに偏狭にお金を出して買ったものだけ、レビューしたいと主張するかというと…

昨日、某ショップの和菓子セットのプレゼントが当選したんです。金額にして、3000円相当。レビューすることが条件みたい。三日三晩悩んで七転八倒してしまいました。食べたくないんですよ。前から食べたかったセットなのに。どうやら私に宣伝してほしくて、プレゼント当選した感もあるんです。(考えすぎかもしれませんが)しかし、そんなこと知ったこっちゃねえ、好き放題書いてやれ、と思ったんですが。

ああ、できないなあ、と思った。中立にはなれない。よほどけなすか、よほど誉めるかのどちらかにしかならない。私の力量では。とわかりました。結局受け取るのは、断りました。そうして、決めました。ちゃんと、そこの店の菓子をお金を出して買おう。こうして、悩んでいる暇があれば、その時間働いて、その金で買えるじゃん。と思いました。

自分で応募したプレゼントですら、こうも後悔するんです。だから、企業からもらう商品は、もっと悩みます。

モニターレビューって楽しくないんです

私は、かなり計算高く、普通以上に俗人です。加えて、大阪のオバチャン(笑)。だもんで、ただで物がもらえたり、店頭で、お金をまけてもらうと、必要以上にはしゃぎます。

でも、やっぱお金を出さないと、喜びや悲しさも半減するじゃないですか。自分が労働してもうけた大事なお金で、、ひやひや&ワクワク吟味して、京菓子を買う。

想像以上に美味しければ喜び倍増。

少々期待はずれなら、複雑な思いをしたり、き〜!と悔しがったりしてみたり。本気で、店員さんと喧嘩するときもあります。だって、自分が自分のお金で買ったものだもの。タダだと、ま、いっか、と思いませんか?

人間が生きてる喜び、買い物や食べることの喜びってそういうところにあるのではないですか?貧乏なときも金持ちのときも、まっとうに手に入れて食べている時だけ、その味が美味しいとか、不味いとか、本気で感じられると思うのです。

プロのライターなら、提灯記事と思われず、いいものを書くのでしょう。でも、私は無理ですわ。ただのオバハンですもん。

別に、官僚の賄賂とは違いますが

企業で、ただで商品提供を受けて、モニターしてる色々なブログやサイトは実際のところ、山のように存在します。別に法律違反でもなく、そういう人は、いくばくかの報酬と、商品がただでもらえたり、使わせてもらえる代わりにレビュー記事を書くわけです。(はやりのダイエット商品なんて、そういうカラクリで、ヒットしたりする)

しかし、プロのライターならいざしらず、そういうサイトは、ほとんどが一般人が作成してます。毎日見にいくほど、ステキで面白かったサイトさん。そこが、ある時より、モニター商品、モニターレビューをするようになり、すっかり変わってしまった。プライド捨ててコビコビの記事を書いてるのが痛い。

なんで、人々がアフィリエイト関係の提灯記事が嫌いかというと商品提供を無償で受けているから、とか、という訳じゃない。ちょっとタダでもらったり使わせてもらうくらいで、平身低頭の体(てい)の犬のような姿勢。それが嫌なんじゃないかな。

タダほど高いものはない

商品の写真撮影し、文章を練り、しているだけで、どのくらい時間と労力がかかるか(5分で仕上がる、というなら別ですけど。)それくらいなら、普通に働いて賃金もらったら、その商品、買えますよ。そうして、その商品について、公平な目で書きたいことを毅然と書いた方が楽しい。

昨今の「あなたもパソコンで、おこずかい♪」などの雑誌記事。単に、企業が小銭を撒き散らし、乞食みたいに、群がりそれを拾ってまわる人達に、「ただ働きしてね」と圧力をかけているように見えますが…。

モニターでなく、実際購入したレビューといえども、利益がほしくて、甘めすぎる美辞麗句もたまに見ます。が、その利益は、最低時給金額をはるかに下まわる。なのに、なんで、そこまですんねん、と不思議に思うのです。ネットでなく店頭接客でもそういうの、イケてないと思うけどな〜。どうでしょう。

WEB2.0というのは、記事の信頼性のことも指すと思う

一記事数万もらえるならともかく(数万でもやる意味があるのか?)、小銭をくれる企業にありがたがったりするのはおかしいと思う。それよりは、日々サイトに来てくださるお客様に喜んでもらえるような記事が書けるよう、努力するほうが先じゃん、と思います。私にとってはね。

こちらの記事しだいで、お客さまが気持ちよく買い物できるか、お金使ってよかったと思うか、左右されると思ってますから。食の安全も取り沙汰されていることだし…。書き散らしたけど、あとで知らなかったじゃすまないもの。

京菓子世界は甘くない

アフィリエイト抜きにレビューやってはる人の記事の方が面白いし、参考になる。その理由は、利益度外視して、自分の所感を楽しんで書いてるからでしょう。

何よりも京菓子の世界は、適当に書いてやり過ごせるほど、甘いものじゃない。老舗は、何百年も努力してる。こちらはサイト歴1年の一般人。小銭ほしさ、商品提供ほしさに、ちょろ、と記事つくってたら、地獄に落ちると思ってます。

長々、えらそうに述べました。…お気にさわった方、心より、ごめんなさい。自戒のため、書いております。

ということで、原則、モニター商品の提供は受けません。あしからず。すいません。

サイト運営/萩谷
2007年11月19日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス