明治―ビスケットと日本人と戦争と

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都

京都の美味しい 和菓子の歴史 京菓子の歴史 のお菓子

明治―ビスケットと日本人と戦争と

明治―ビスケットと日本人と戦争と
上記画像はフォトライブラリさまより

文明開化がもたらしたもの

日本は、江戸時代まで、独自の菓子の発展をとげてきました。しかし、明治になり、開国。西洋文化と西洋の食品がやってきます。中でも「ビスケット」というものが重要なキーワードとなります。

ビスケットとは

明治―ビスケットと日本人と戦争とビスケットとは、クッキーともいい、今日では、なじみの深いお菓子ですね。

明治期に日本に入ってきたように思われていますが、そうではありません。

南蛮菓子の時代ビスコート」という名前で日本に伝来していました。

織田信長もビスケットが大好きで港町「堺」より取り寄せて食べていたといいます。

イギリスではビスケットが!

このビスケットは明治、日本に再上陸しました。しかし、かつての南蛮菓子の時代とは違った伝来でした。それは、単に、西洋のかわったお菓子、美味しい珍しいもの、というだけでなく

政治的な意味合いがありました。

明治―ビスケットと日本人と戦争と明治のはじめ、岩倉使節団が、世界中を旅しました。メンバーは政治、経済、教育をになっていく、新時代の知識人たち。

イギリスに行ったときのことです。産業革命で大発展をとげた大英帝国。そこで彼らが見たもの。

それは工場で大量生産されているビスケットでした。

戦争にいいやんけ

明治―ビスケットと日本人と戦争と当時、日本の菓子屋は、ほとんどが家族経営の手作り。

イギリスでは工場で機械を使って、大量生産。その光景は、目をみはるものでした。

政治家たちが注目したのは、ビスケットを兵糧に使うというもの。つまり、戦争するとき兵隊さんに持たせる食事です。

従来の握り飯や糒(ほしいい)に比べ、日持ちもするし、炊飯の手間もいらない。

海軍がいち早く取り入れたといいます。最初はパンだったのが、水分の少ない乾パンや、ビスケットに、変わっていきました。

工場で大量生産!

西洋より機械を導入し、ビスケットが大量に作られていきました。今日の大手菓子メーカーのほとんどがこの時期誕生しています。イギリス式、アメリカ式に工場で菓子を作る、ということをはじめた会社が大きくなったのです。

庶民の需要もふえてきたものの、ビスケット工場は、ほとんどは軍隊のために稼動していました。富国強兵、戦争と結びつく形で、菓子業界は急成長をとげたのです。

明治という時代は、けして、新しい”味”だけを意味するものではありません。「工場で作る」ということがはじまった。それは、すなわち、日本人の食生活に豊かさをもたらす。と同時に、大量生産の様々な弊害の萌芽をはらんでいるのです。

powerd by 楽や


▼広告▼

検索

更新情報など

リンクについて

管理人