豊臣秀吉(とよとみひでよし)と和菓子

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都

京都の美味しい 長五郎餅 羊羹(ようかん) のお菓子

豊臣秀吉(とよとみひでよし)と和菓子

和菓子がらみのエピソード満載の武将・秀吉

京都の和菓子☆ドットコム豊臣秀吉(とよとみひでよし)(1537-1598)は、いわずと知れた、戦国の武将。

豊臣幕府を開いた人ですね。

この人、和菓子がらみのエピソードが多いのです。

秀吉の和菓子伝説をご紹介します♪

麩焼き煎餅!

北野大茶会で、麩焼煎餅(ふやきせんべい)が茶菓子として、おめみえ!

詳しくはこちらをご覧ください

加茂みたらし団子!

北野の茶会で下鴨神社の門前菓子、「加茂みたらし」を愛で、茶屋を菓匠として、ご用命!

詳しくはこちらをご覧ください

真盛豆(しんせいまめ)

あの、州浜に青のりをつけた、珍味なお菓子を茶会でほめちぎる!

詳しくはこちらをご覧ください

長五郎餅

北野天満宮の名物菓子「長五郎餅」。この名づけ親が秀吉だった!

詳しくはこちらをご覧ください

日本初の羊羹を絶賛

「総本家駿河屋」が日本初の羊羹を発明。秀吉の茶会で披露したといわれています。秀吉は、この羊羹をべたぼめしたとか!

詳しくはこちらをご覧ください

ウグイス餅の名づけ親

奈良で、食べたお餅を「うぐいす餅」と命名。

詳しくはこちらをご覧ください

花見の創始者

元々、花の下で菓子を食べる習慣のなかった日本人。それを秀吉がはじめました。

詳しくはこちらをご覧ください

寒天の発見に一役かった

伏見で秀吉を歓待した折、糸寒天の発見がされた。

詳しくはこちらをご覧ください

秀吉と和菓子の伝説はまだまだ

秀吉と和菓子の伝説は、まだまだ出てきそうですね。

なんでこんなに、お菓子にまつわる秀吉の話が多いのでしょうか。

京都・大阪では、豊臣公は今でも大の人気もの。「太閤はん」と呼んで親しんでいます。京都の祇園祭も秀吉の時代にはじまったものです。秀吉は、その庶民的な魅力と、経済を活性化させてくれた恩人として、愛されているのでしょう。

だから、色んな伝説があるのかもしれません。本当か嘘かは別にして…。また、随時追加します。

powerd by 楽-yah
2007年3月6日記


▼広告▼

検索

更新情報など

リンクについて

管理人