縄文クッキーと日本人

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都

京都の美味しい 和菓子の歴史 菓子の誕生 のお菓子

縄文クッキーと日本人

縄文クッキーと日本人
イメージです

木の実は、縄文時代の主食だった

縄文クッキーと日本人日本で一番古い菓子は、果物や木の実だと前述しました。縄文の昔から、日本人は、果物や木の実を食べてきたのです。

栗やトチの実、クルミ、山芋などは、縄文時代の代表的な食べ物です。菓子という概念はなかったでしょう。米が弥生時代に伝来するまで、木の実等は主食でもあったのです。

古代のクッキー 縄文粉食(じょうもんこなしょく)とは?

縄文クッキーと日本人そのまま食べるだけでなく、アク抜きしたり、すり潰したりし、粉にして、食べられました。これを、縄文粉食(じょうもんこなしょく)といいます。

古代の遺跡から、栗やドングリ、トチの実などで作ったケーキやクッキー、団子が出土しています。形はさまざま。丸いのやら、平たいのやら。ドグロを巻いているのやら…(笑)。団子という菓子の概念は、唐菓子の伝来を待ちますが、原始的な団子のルーツはここからとも言われています。

どんぐりのクッキー、おいしいよ

縄文クッキーと日本人ドングリなんて、食べられるの?

と思いますが、実は、今でも作ろうと思えば作れるンですよ。作るのに、手間がかかるのですが…。(他サイト どんぐりクッキーの作り方

昔、京都御苑の秋の森林イベントに参加したことがあります。インストラクターの方が、ドングリクッキーを焼いてくださいました。

香ばしくてなかなかなものでした。その時は、どんぐりに加え、小麦粉や砂糖、バターが入っていました。だから美味しかったのかもしれませんが。

たかが、どんぐりクッキーとあなどるなかれ

縄文クッキーと日本人縄文時代は、当然、砂糖やバターもありません。木の実の粉の塊(かたまり)を焼いただけの味気ない物だったでしょう。

しかし、山形県の縄文遺跡からは、塩を使った木の実のクッキーが見つかっています。

木の実を1種類だけでなく、数種類使ったり、山芋をつなぎに使っていたとも。焼いただけでなく、蒸したりもしていたことが、遺跡からわかっています。

お菓子っぽい作り方ですよね。味つけ、という事がはじまっている。この頃になると、味に対する嗜好(好き嫌い)ができていたということです。

そうこうしているうちに、食べられるだけじゃいやだ!オヤツが食べたい、ということを考えはじめるのです。菓子という文化が日本人にはじまるのは、もうすぐです。


木の実を使った和菓子 関連記事

powerd by 楽-yah

2007年9月23日記


▼広告▼

検索

更新情報など

リンクについて

管理人