唐菓子(からくだもの)(とうがし)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都

京都の美味しい 和菓子の歴史 清浄歓喜団(せいじょうかんきだん) のお菓子

唐菓子(からくだもの)(とうがし)とは?

唐菓子
イメージです

唐菓子ってなに?

唐菓子「からくだもの」または、「とうがし」とも読みます。唐菓子とは、奈良時代くらいに中国から伝わった菓子のことです。

日本の菓子の歴史は、ここから動きはじめました。焼いたり揚げたり形に工夫をこらしたり…。日本では、そんなお菓子は、なかった。それまでは、せいぜい、果物や木の実くらいだったんです。

中国菓子って、油を使うものが、多いですよね。形も面白い。だから、当時のご先祖さまたちは、もう、びっくり仰天したんだと思います。

遣唐使と共にやってきた唐菓子

鑑真←難破する鑑真 遣唐使は、殆どが難破などにより、まともに着かなかった。大陸文化の伝来の影に祖先の多大な犠牲があった。

7世紀、平城京の時代から、日本は、遣隋使、遣唐使などを派遣して、大陸文化を持ち帰ります。その中で、やってきた菓子が唐菓子と名づけられたのです。

仏教伝来と大きく関わっている、遣唐使。唐菓子は、その過程もあり、神様や仏様にささげられました。

現在も、供饌菓子(ぐせんがし)・神饌菓子(しんせんがし)=(神社や寺にお供えするお菓子)として、その姿と味をとどめています。

日本で、一番古い餅菓子とされる椿餅(つばきもち)。この名前も、唐菓子として、記録にあります。(もっとも、名前だけで、姿や味などは、どのようなものかは分かっていません)

団子(だんご)のルーツは、この唐菓子にあるといわれています。また、煎餅(せんべい)も唐菓子に由来するとも。最初の団子や、せんべいってどんなものだったのでしょうか?写真や絵など残されていない古代。だから想像するしかありません。

食べてみよう!唐菓子!

しかし、中には、今でも食べられるものもあるんですって!

清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)や、唐板(からいた)など。京都の老舗で買って食べられるんです。復刻なんぞではなく、現役の人気もの。

京都で、古代の味を感じてみませんか?

他、ぶと饅頭なども、唐菓子といわれています。奈良の春日大社に伝わるもの。これも油で揚げてあり、大陸の風味がしそうです。


唐菓子にまつわる和菓子

powerd by 楽-yah
2007年7月26日記


▼広告▼

検索

更新情報など

リンクについて

管理人