日本で一番古い菓子とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都

京都の美味しい 和菓子の歴史 菓子の誕生 のお菓子

日本で一番古い菓子とは?

日本で一番古い菓子とは?
イメージです

フルーツが一番古いスイーツなんですって!

日本で一番古い菓子とは?日本で一番古い菓子とはなんでしょうか?

それは、果物や木の実だといわれています。

菓子という文字の「菓(か)」は、元々「果(か)」でした。つまり、果物の「果(か)」が今日の菓子の元になったのです。

青森県の遺跡によると、5500年前から、日本人は、栗(くり)を栽培していたといいます。

5500年前というと、縄文時代!

栗は、今日でもスイーツ・和菓子の材料。自然なホコホコとした甘みで、大人気。日本人は、古代から、栗などの木の実が大好きだったのですね。

この悲しそうなハンサムさんは誰?

日本で一番古い菓子とは?お菓子の神様といわれる人がいます。

田道間守命(たじまもりのみこと)さんといいます。

兵庫県の中島神社のご祭神(さいしん)です。京都の吉田神社に菓祖神社(かそじんじゃ)というものがあり、そこでも、まつられています。

ハンサムな人が、樹の枝を持って立ってますね〜。

持っている果実は、「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」。というもの。

天皇陛下のために、遠い国へ、不老不死の薬を探しに行きました。すると、この木の実を持ち帰ったというのです。

その実は、ミカン?!

日本で一番古い菓子とは?せっかく不老不死の果物を持ち帰ったのに、陛下は、ちょうど崩御されたんですって。なんと!辛い!だから、彼の表情は、ちょっぴり悲しそうなんですね。

非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)とは、実は、橙(だいだい)や、橘(たちばな)のこと。

日本で一番古い菓子の象徴といわれています。

神社など、よく気をつけてみると、片側に桜の木、片側に橘の樹が植えられています。これが「右近(うこん)の橘(たちばな)、左近(さくら)の桜」といわれるもの。この田道間守命(たじまもりのみこと)の伝説に由来しているのです。

木の実や果物は、日本人のルーツ!

「延喜式(えんぎしき)」という、平安時代のとても古い書物。菓子の記録が残っています。やまもも、あまぐり、はしばみ、しいのみ、たちばな、あおなし…など。

和菓子の主役ともいえる小豆(あずき)。これも、縄文時代から、日本にあったといいます。

果物や木の実は日本人の菓子のルーツなんですね。自然な味を楽しんでいたんです。栗や柿を食べると、懐かしい気持ちになります。それは、日本人のDNAなんでしょうね。

日本最古の菓子にまつわる和菓子

powerd by 楽-yah
2007年9月23日記


▼広告▼

検索

更新情報など

リンクについて

管理人