点心(てんしん)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都

京都の美味しい 和菓子の歴史 京菓子の歴史 のお菓子

点心(てんしん)とは?


イメージです

点心(てんしん)が饅頭や羊羹のはじまりだった!

室町・鎌倉時代。中国から再びお菓子の歴史を変えるムーヴメントがやってきます。点心(てんしん)が伝わったのです。

←室町時代、せっせと饅頭や粽(ちまき)を作る人々
点心(てんしん)とは、オヤツ・間食のこと

お菓子にかぎらず、肉まんのような、おかずや、粽(ちまき)、肉のスープ、お粥なども、点心といいました。

しかし、日本の禅僧は、肉食をしてはいけない。肉饅頭や、羊のスープは食べれない。

かわりに小豆(あずき)などを用いるようになります。これが、お菓子としての、羊羹や饅頭のはじまりです。

茶道と茶菓子

←千利休
また、この時代、茶が日本に伝来します。

そして、茶道という芸術がはじまります。茶の湯のための点心(てんしん)。それは、茶菓子(ちゃがし)という名前で定着していきます。

千利休(せんのりきゅう)の時代には、茶菓子は、あったものの、とても素朴なものでした。お好み焼きのような「ふのやき」という茶菓子があったと記録に残っています。(砂糖の使用は、南蛮菓子の登場を待つ)

後、茶の芸術が発達していきます。それにつれ、茶菓子も、美学や風情・季節感を重要視するようになっていくのです。


点心から始まった和菓子

powerd by 楽-yah
2007年7月26日記


▼広告▼

検索

更新情報など

リンクについて

管理人