大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 大極殿本舗 > 大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」

京都の美味しい 大極殿本舗 のお菓子

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」

明治、大正レトロの京都かすていら

カステイラ(かすていら)大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」

南蛮菓子の老舗、大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」。

包装は、なんと、大正時代の復刻。レトロなデザイン。チョコレート色のリボン。乙女POPなデザインが泣かせます。

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」見てください。

このラベルデザインのモダンキュートさ。

パンフレットの色彩。

大正浪漫(たいしょうろまん)の光線がガンガンきます♪

この包装、目の前で、京都ジェントルマンが丁寧に包んでくれるのです。その姿がまた、目の保養で...♪

なつかしいあの香り

カステイラ(かすていら)大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」丁寧に包装された紙をそっとはがすと...。なんともいえない懐かしい香りが。

包丁を入れたら、切りにくい。

ネッチョリしてるんですよ。

あくまで、「かすていら」

カステイラ(かすていら)卵色の優しいカステイラ。

「カステラ」ではないような気がします。

かすていら

今時の洗練されすぎた風情ではない。

昔風の手焼き。

手作り。

うしろには、つぶつぶ

カステイラ(かすていら)カステラの後ろには、つぶつぶのザラメがびっしり。

じゃり、て口の中で、優しい鈴がなる。

これぞ、南蛮菓子(なんばんがし)

かつて、このお店の初代が、明治時代、カステラの作り方を学んだ。その時の味そのままって雰囲気なんです。

日本人の味

カステイラ(かすていら)むっちり。素朴な歯ごたえ。

しっとりと滋味。

小さいとき夢見たあの味。

洋菓子のケーキに限りなく近い最近のカステラ。しかし、これは、まったく違う。あくまで、和菓子の領域の中のもの。じっとりとした南蛮菓子の「かすていら」。

異国の風ってこんな風に吹いてきたのかな?なんて、思いながら、もう1つ、もう1つ、とやめられない。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想...「1本まるかじりしたい懐かしい味。これぞ、リアルカステラ!日本人ってすごいよな~。カレーも日本風にしたし。」との事です。



>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2007年8月20日 22:47

トップページ > 大極殿本舗 > 大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「カステイラ(かすていら)」


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス