大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の応天(おうてん)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 大極殿本舗 > 大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の応天(おうてん)

京都の美味しい 大極殿本舗 のお菓子

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の応天(おうてん)

応天(おうてん)とは?

応天(おうてん)なんだか難しい字の「応(おう)」を使うこのお菓子。

平安神宮のためのお菓子です。「応天(おうてん)」ってなにかしら?

平安神宮の大きな正門を「応天門」といいます。

その壮麗な京都の象徴のお菓子ですね。

また、このレトロなデザインがなんともいえません。創業明治十八年ですか。


応天(おうてん)

丸い...?ちょっとかわった形

応天(おうてん)正円ではない。なんだか、丸い小石のような、形です。

ああ!そうか、赤い鳥居に置く石を表しているのではないでしょうか?!

私の想像ですが。

今度、お店の人に聞いてみなくては...。

しかし平安神宮のは高くて、上にはとても置けませんが...。

応天(おうてん)裏側。ちょっと柔らかい皮の生地のようです。

それがなんとも美味しそう...

中は、蜂蜜風味の黄身餡がどっさり!

応天(おうてん)割って食べてみたらビックリ!

黄色いアンコです。

黄身アンですね。蜂蜜風味がたまらない。シットリしてて、濃いです。

私好みで甘さもひかえめ。

皮は、サクサクした、ソフトクッキーという感じです。

前も書きましたが、このお店はかつてはカステラ屋。だから、饅頭の皮が南蛮菓子風になるのでしょうか?それがまた、ハイカラでヨロシイ。

平安神宮は明治に建立(明治28年/1895年)されました。京都でも比較的新しい歴史を持ちます。その垢抜けた雰囲気にぴったりですね。



>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2007年3月 7日 20:09

トップページ > 大極殿本舗 > 大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の応天(おうてん)


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス