大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 大極殿本舗 > 大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」

京都の美味しい 大極殿本舗 のお菓子

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」

京都の手ひねりのボウロ

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」。

たかが、ボーロとあなどるなかれ。

生地を手で生成しているのだそうです。だから、ひとつひとつ形も大きさも微妙に違う。

規格化された工場風の正円のものなんて、1つもありゃしません。

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」

裏もみてみて!

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」裏側もさっくりと見事な黄金色。

なんと優しく、輝いていて、かわいいお菓子なんでしょうか。

かつて、南蛮菓子が安土桃山時代に渡来ししました。

「ぼうろ」の基(もと)となった、ビスケット。それをはじめてみた当時の日本人。彼らの感動は、今の私以上のものでしょう。

実際は、ぼうろ、というお菓子は長い年月をかけて今日の形になっています。このお店も明治以降の長崎の南蛮菓子の流れをくんでいます。

栄養たっぷりジャパンクッキー!

玉子ぼうろ(たまごボーロ)ホロリ、ザクリとした歯ごたえ。

なのに、口の中で溶けて、溶けて、身体にしみる、優しい甘さ。

玉子がいっぱい入ってるんです。

濃い、滋味。

甘さは、控えめです。

裏側の鉄板の跡や、ザックリしたヒビ割れやら、何もかもが愛おしい。

日本人は、こんなクッキーを作ってきたんだなあ。感動。

大事な友達へ、彼女へ、お子さんのおられるママへ。(しかし、幼児には無理な堅さだと思います)親子で食べても楽しい、嬉しい、ほっこりする京都の「ぼうろ」です。



>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2007年8月20日 23:22

トップページ > 大極殿本舗 > 大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ(たまごボーロ)」


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス