永楽屋(えいらくや)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 永楽屋(えいらくや)

永楽屋(えいらくや)の味のレビュー記事

水あずきとは?

祇園祭スイーツ! 永楽屋(えいらくや) 水あずき 激ウマ!01

炎天下の、宵々々山。

盛り上がる、京都。盛り上がるスイーツ!

フェイスブックの情報で、永楽屋(えいらくや)室町店に、祇園祭限定「水あずき」なるものがあるという。

「水あずき」?なにそれ?善哉?お汁粉?

「水あずき」というネーミングがめちゃめちゃ美味しそうなので、食べにいってきました。


6月30日は水無月を食べる日!

永楽屋(えいらくや) ぬれ氷室 葛菓子01

もうじき夏越(なごし)の払え、水無月ですね!

お目当ての水無月はチェックされましたでしょうか?

水無月は、氷を模した和菓子。昔は、公家さまやお殿様といったセレブな人たちは、氷で、涼をとっていました。冷蔵庫などない昔は、氷室という天然の冷蔵庫で冬の氷を夏まで保存して運んでいたんですって!

それにちなんで、「氷室」と名前のつく和菓子も、この季節には多いのです。

永楽屋(えいらくや) ぬれ氷室


わらび餅とはなにか

永楽屋(えいらくや) 喫茶室でいただく限定 わらび餅 蕨粉100%!01

このサイトをはじめた数年前は、材料偽装の問題などが取りざたされていて、わらび粉についても、えらそうに演説ぶってます。

わらび粉100%だと、ものすごい勢いで劣化がはじまる。スフレ(急いで食べなくてはならない洋菓子)以上に、出来立てしか食せない、ということがわかってきました。だからわらび100%なんて普通(一般的流通)ではありえないんです。100%わらび餅は冷蔵庫で何時間も保存できないし、これからの季節は、キンキンに冷やしたのが食べたいとか、お土産や贈答に使いたいではないですか。だから、私は、100%かどうかなんて、議論はやりすぎるのはナンセンスだと思ってます。

とはいえ、たぶん、徳屋さんのがそうだろうな、とは思っていたんです。加えて、もろに100%だ、というのを先日、いただく機会を得ました。

すごかったです。

永楽屋(えいらくや) 喫茶室でいただく限定 わらび餅


京都の夏の名物は、まだまだある!

永楽屋 甘夏ゼリー 香の果(かぐのこのみ)01

京都の夏の和菓子、人気ものに、柑橘系のゼリーがあります。

オレンジゼリーなんて、全国的なお中元の定番じゃないか、と思うでしょう?でも、京都では、一味違うんです。

主に和菓子屋さんが作るもので。蜜柑類を丸ごとくりぬいて寒天ゼリーに仕立てたもの。自然な酸味が美味しい。和菓子ならではの、ほどよい甘さと柔らかさが品がよい。

これは、永楽屋(えいらくや)の「香の果(かぐのこのみ)」です。


今年も水無月が

永楽屋 水無月01

京都でタクシーの運ちゃんが言いました。

「ようやく、梅雨らしくなってきましたなあ」

シトシト一日中降る雨。蒸し暑かったり、じめじめして、肩や関節が痛かったり。体調がいまいちな方も多いのではないでしょうか。

永楽屋 水無月(みなづき)

今年もきました。京都の水無月。


京都の懐中汁粉

ここんとこ、京都の懐中汁粉(かいちゅうしるこ)に夢中です。

永楽屋(えいらくや)懐中汁粉(かいちゅうしるこ)「清風(せいふう)」を食べてみた!永楽屋(えいらくや)懐中汁粉(かいちゅうしるこ)「清風(せいふう)」を食べてみた!

なにがいいかというと、軽い風貌なわりには、食べてみたらとてもリッチ

お湯をかけただけで出来るので、アウトドアや職場のオヤツに持っていける。

京菓子の中では日持ちがいいほう。(でも防腐剤とかが入っているわけではない。伝統的な作り方で、日持ちがするようになってる)


あの、お漬物のお店の和菓子

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!

雑誌で見て、あまりにもステキなので、買ってみました。

永楽屋(えいらくや)「重陽(ちょうよう)」

重陽の節句は9月9日(旧暦)だから、ちょっと時期はずれなんですけどね。年中売ってるから、いいかな、と。



トップページ > 永楽屋(えいらくや)


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス