永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし) 重陽(ちょうよう)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 永楽屋(えいらくや) > 永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし) 重陽(ちょうよう)

京都の美味しい 永楽屋(えいらくや) のお菓子

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし) 重陽(ちょうよう)

あの、お漬物のお店の和菓子

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!

雑誌で見て、あまりにもステキなので、買ってみました。

永楽屋(えいらくや)「重陽(ちょうよう)」

重陽の節句は9月9日(旧暦)だから、ちょっと時期はずれなんですけどね。年中売ってるから、いいかな、と。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!包装、ステキでしょう?このヒモの結び方は、京都でよく見られます。青と赤の色に映える、薄紫の包み。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!

琥珀のお菓子なんです。寒天を使った。よく見ると、下にも、もう一段あった!お徳な気分♪

三種類の味

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!紫蘇(しそ)

抹茶(まっちゃ)

小豆(あずき)の三種類。

しみじみ、美しい

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!重陽のお花、"菊"をイメージしている形。

派手じゃないのに、目がはなせない。

しみじみと、なんともいえない、

かわいさ。

美しさ。

気品。

小豆 を食べてみました。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!おや?甘みが、とても控えめです。

琥珀ものは、甘い、と覚悟してたのに。

私が今まで食べた中では、一番甘みが抑えてある印象を受けました。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!その食感は、生っぽい。

小豆納豆も、しっとり。

ちゅるり。

琥珀ものは多いけれど、この食感ははじめてです。

抹茶 を食べてみました。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!ひとくち、

ほろり、

と噛んだときには、

お茶の味はしないんです。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!シャリ、ほろり、つるり、と口の中で転がしていると、

ふわあ!

と立ち上るお茶のピュアな香りと味。

典雅すぎる~!

紫蘇(しそ) を食べてみました。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!

外がコリ、中がプリ、とした、食感。

あとくちに、爽(さわ)やかに立ち上るシソの風味。

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!

漬物屋(ぶぶづけや)だけのことはある。

品がいい...。

嵯峨野に行きたくなります。

割ったとき

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!特にびっくりしたのが、手で割ったとき。

ちょっと割ると、こんな風に、全体に、ピシ、という細い亀裂が入るンです。

それが、とても繊細な風情なのですよ。

冬のはじめ、湖が凍ってしまった。そこに光がゆらり、と写って、割れる。音なき音で、季節が、自然が動く、ゆらめき。それを見ると小さく叫ぶけど、あまりにもキレイな情景に、言葉が出てこない。

そういう、切ない、はかない、泣きたくなるような、美への驚き。そんな割れ方。

クラクラ...気絶するほど悩ましい京都

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!

永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし)「重陽(ちょうよう)」を食べてみた!このお菓子のすごいところは、表面がスリガラス状になっている。

その表皮は、シャリ、サク、とした食感なんです。しかし、中は、同じ材料かと思うほど、透明。そして、プルンとしている。

かむと、シャリ、というくせに、プルンと突然くるんです。それが口の中で、まじる。それが、七色かと思うくらい豊かに感じる。

なんで、こんなにスゴイ菓子が次々あるのかしら。京都って。器の小さい私は、クラクラしてきました。京都人が京都を離れないのがわかります。(土着率・定住率が他府県に比べ異様に高いらしい)



>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2007年11月20日 13:27

トップページ > 永楽屋(えいらくや) > 永楽屋(えいらくや)琥珀菓子(こはくがし) 重陽(ちょうよう)


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス