祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 祇園饅頭(ぎおんまんじゅう) > 祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」

京都の美味しい 祇園饅頭(ぎおんまんじゅう) のお菓子

祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」

祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」を食べてみた!

祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」山登りの帰りに祇園をふらふらしました。

南座の横に「祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)」というお店がありました。文政二年(1819)創業。

祇園南座の横のお店

祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」(それにしても、最近、驚かなくなりました。歴史の古さに...。京都の和菓子屋さんが、どこもかしこも、とんでもなく歴史が古いので。神経が麻痺してきています。)

この店で昔から親しまれているという「しんこ」を購入。ニッキ味のと、白いのを買いました。

しんことは

祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」しんことは、米の粉を練ったお菓子。

この、ちょっとねじったような形が京都ではスタンダードなんだとか。

もっと詳しく!

白を食べる

祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」味は、外郎(ういろう)に似ています。

どう違うのか、実は、よくわからない...。

しかし、外郎(ういろう)より、若干、トロンとした食感ではないでしょうか。

素朴で、優しい甘さ。

しみじみしますね。

ニッキ味を食べる

祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」ニッキ味は、香りがいい。

しかし、八つ橋のようなニッキ臭さではありません。

ふんわりとした上品な味。

トロリン、モッチリとしてます。

白のより、柔らかい印象を受けました。口の中でとろける感じがより強かったような気がしました。


>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2007年5月18日 14:16

トップページ > 祇園饅頭(ぎおんまんじゅう) > 祇園饅頭(ぎおんまんじゅう)「しんこ」


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス