祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 祇園辻利 > 祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)

京都の美味しい 祇園辻利 のお菓子

祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)

語りつくせない、宇治抹茶の老舗

祇園辻利については、チョコレートのページでも述べました。が、やはり、この会社については、いくら語っても語りつくせない、京都らしい真骨頂があります。

生協購入の「宇治抹茶くっきー」です。

祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)ピンクと緑の包装の対比が美しい。

まるで、お茶の葉を入れるような、密封アルミ袋にクッキーが入っています。

祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)

抹茶菓子のパイオニア

祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)今でこそ、宇治抹茶のお菓子は、全国にあります。

しかし、この祇園辻利こそが、パイオニア(開拓者)であります。

今もなお、妥協のない味。

本気の抹茶菓子の最前線をいく老舗であることは間違いないでしょう。

祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)裏側

食べてみた

祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)濃い。

そして、嫌味にならないぎりぎりの所で抑えてある、ほろ苦さ。

砂糖の甘さなのか、抹茶本来の甘さなのか、わからなくなるような、甘さ。

風味がとことん上品で、本物。

香りたかいです。

高いクオリティの抹茶菓子

祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)人々がお茶離れ、和菓子離れになりつつある頃。祇園辻利は、ひそかに宇治抹茶のスイーツの開発をはじめました。

当時は、夢物語のように言われた宇治抹茶のお菓子。

利益を度外視した、研究を続けてきたのがこのお店。

それが、いつしか京都のみならず、日本らしさの代表ともいえる、ジャンルになるとは、驚くべきことです。

この会社の抹茶菓子はいまだに、他会社のものと比べても、抜群の精度と、茶葉のクオリティの高さを保っています。

保守のスタイルにしがみつかない。しかし、完成""については、限りなく保守である、という京都の性格がここにあると思います。

抹茶アイス

コンビニで時々みかける、辻利の抹茶アイス。最近見かけませんが、また食べたくなりました。

次回の生協で、あの、大企業「明治」の「辻利」というアイスが販売されます。あきらかに、この祇園辻利を意識した製品であることは確か。

どの程度このハイレベルの本家に迫れるでしょうか、明治。お手並み拝見といたしましょう。

祇園辻利(ぎおんつじり)ってどんなお店?
宇治抹茶って何?という方はこちらにどうぞ

>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2007年3月15日 19:06

トップページ > 祇園辻利 > 祇園辻利(ぎおんつじり)の宇治抹茶くっきー(クッキー)


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス