千代木(ちよき) 松葉ぼうろ

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 宝泉堂 > 千代木(ちよき) 松葉ぼうろ

京都の美味しい 宝泉堂 のお菓子

千代木(ちよき) 松葉ぼうろ

麗しき箱

千代木(ちよき)01

また、箱のデザインで買ってしまいました。

宝泉堂 千代木(ちよき)

中は、シンプルな松葉ボウロなんです。

実に宝箱といった感じ。衝動買いです。

ちょっとした宝箱

千代木(ちよき)02

どうです。この風情。

上品で京都らしい、キュートな缶。大きさは、手の平程度。乙女心をくすぐるサイズでしょう?これより大きすぎると、興ざめだし、小さいと、オモチャみたいだし。ちょうどいい!

遠い異国からきた南蛮菓子の小箱

千代木(ちよき)03千代木(ちよき)04

ラベリングもステキです。丁寧につめられた、南蛮菓子

千代木(ちよき)04千代木(ちよき)04

二段にわけて入れられています。隅々まで心配りのされた包装。

これを使い終わったら、何を入れようかとワクワク&うっとり。

女ってそういう時ありませんか?

中に入れるものがあるから箱を買うのではない。中に何を入れるかは、後で考える。

じゃあ、中身はどうなるんだ、最初から箱だけ買えばいいではないか、というのは、ナンセンス。スイーツであるというところがいい。

女のアンティーク好きってこういう動機が多いと思うんです。男性は、コレクション的な蒐集目的がある。しかし、女は、「かつて~が入っていた」という歴史や思い出コミで箱やケースをとっておく、購入する、ということが多いような気がします。

松葉ボウロとは

千代木(ちよき)05

ぼうろ、というのは元々は南蛮菓子。京都で発展しました。そばぼうろは、梅の形をしたもの。これは、蕎麦入りでない。プレーンなボウロ。こういったボウロが「松葉ぼうろと呼ばれていることが多いです。

千代木(ちよき)06

「千代木」というのは、松葉のことを意味します。長寿のおめでたい植物、松。松葉ボウロは、こんな風に棒状であったり、鍵状であったり、店により様々です。

千代木(ちよき)07

この二個づつ、ペア。それを上品な和紙で熨斗のようにくるんでいる。

これがエコじゃないだとか、無駄だとか思う人もいるかもしれません。しかし、それは京都じゃない。大仰な豪華さではない。過剰な包装とは違うんです。計算された「もてなし」の美学あってのデザインだと思います。

昨年でしたか。あのタイヤ会社のグルメランキング。

京都は一斉に断りを入れたとか。理由は「京都は、味だけでなく、接客、建物、風情、そういったこと全てにおいての"もてなし"なのだから、そういった評価を受け付けない。」とか、いったことでした。この姿勢に拍手喝采したのは、私だけではないでしょう。さすが。

連れ合い(東京人)などは「ミシュラン拒否は、自信がないのを結託してゴマかしてるんでしょ。」などとほざいておりますが...。

味さえよければいいでしょう?安けりゃいいでしょう?いい材料だから、いいでしょう?老舗だからいいでしょう?という世界ではないんです。

食べてみました

千代木(ちよき)08

で、味は、こういう場合、もちろん、素晴らしいわけです。サクサク。甘さは控えめで、上品。

バターは使っていないのに、このコク。優しさ。

千代木(ちよき)01

この隅から隅までいきとどいた「喜んでください、楽しんでください」という思いやりの美しさ。京都ならではだと思います。

この小さな菓子を少しずつ楽しむ。そして、空になったら、何を入れようかと考える。

たぶん、裁縫用具だとか、使い古したアクセサリーなんかを入れるはめになると思うんんです。で、この上品な甘い味を思い出しながら使う。そういうのコミコミでの乙女のケースなんです♪


>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2009年1月28日 17:48

トップページ > 宝泉堂 > 千代木(ちよき) 松葉ぼうろ


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス