満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 満月 > 満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」

京都の美味しい 満月 のお菓子

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」

ついに起こった超有名和菓子の材料偽装

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!

連日、赤福のニュースが流れています。私は、いまさらなにを( ̄д ̄) と、思っております。しつこく、菓子の材料表記について書いてますが、良心的な店であろうとなかろうと、菓子の材料表記の基準は、今のところあいまいなんです。

そんな状況だから、偽装なんて、赤福にかぎらず、ちまたにあふれてるじゃん、と思ってました。だから、赤福だけを悪物にして、ことさらヒステリックに叩くのもオカシイ気がするんです。

京都だって例外じゃない。「おたべ」事件も記憶に新しいです。京都は、他県より、新鮮さや材料に飛びぬけて頑固な店が多い。でも、たまに「京菓子」と銘打ったジャンクものに、あきらかに変、( ・∇・)/ これ、てのがある。

正直に言うと、おいしければ、餡(あん)のリサイクルだろうが外国産材料や○色5号でもええやん、別に。と思うのです。嘘をつかれるのが嫌なだけ。それだけのことです。

とりあえずは、賞味期限の短いものは、まず、おいしい

保存料や添加物を神経質に毛嫌いする消費者もいけないんでしょうよ。店側も詳細に表記すると売れないのでは?と思うし。作ったその日が賞味期限が、ほとんどだった昔。今は、状況が違う。ある程度は、日持ちする工夫、ケミカルな加工は必要だと思いますよ。

どうだかなあ、と思うのは、やたら、日持ちがするのに、「寒天・小豆・砂糖」とだけ表記しているお店。数ヶ月ももつのに、材料が、それだけな訳ねえだろうが。と疑っちゃうのよ。

んで、未熟なりの、私の店選びの判断ルール。賞味期限の短い新鮮なものを出しているかどうか。大雑把な基準ですが。意外にハズレがないんです。ネットでもね。

あの、阿闍梨餅(あじゃりもち)のお店の羊羹

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!

満月さんの羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」。

購入した理由は、賞味期限が約二週間だから。練り羊羹なのに。(練り羊羹の賞味期限って、ピンからキリまである。長いのは1年とか半年。長いから、まずいとか、アカンとか申しませんが。)

あの、阿闍梨餅(あじゃりもち)さんのお店のもの。丹波大納言小豆。賞味期限の短さ。美味しそうな雰囲気がプンプンするぞ、と思ったのです。

やはり、アタリ(*^o^*)でした。とてもおいしかったです。

一餡一菓子」の掟

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!このお店は、1種類の餡(あん)から、1種類の菓子しか作らないという、きまりがあります。

つまり、阿闍梨餅(あじゃりもち)には、阿闍梨餅(あじゃりもち)のための餡。

この羊羹「京納言」には、このためだけの餡、という作り方しかしてない、というのです。

開封してみた

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!羊羹(ようかん)、とかかれず

蜜漬(みつずけ)

とあります。

封をあけると、確かにこれは、すごい。

たしかに、大納言小豆を蜜(みつ)で漬けた、といった感じそのもの。

新鮮で美しい!

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!なんともいえない自然なつや。美しさ。

生(なま)っぽい、切り口。

賞味期限が短いだけあるなあ、と思います。

はしっこもスゴイ!

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!大好きな羊羹のはしっこ。

瑞々(みずみず)しい...!

(@⌒ー⌒@)

羊羹の美は、日本の美

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!最近読んだ雑誌に

谷崎潤一郎の「陰影礼賛(いんえいらいさん)」を引用して、

羊羹(ようかん)の美が述べられていました。

それほどまでに、この羊羹(ようかん)の小豆の微妙な深い色。日本人の心を打つのです。

食べてみた!

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!生っぽい、新鮮な味!

いいアンコがそのまま固まっているなあ、という印象。

最近いただいたものでは、鍵長(かぎちょう)さんや、笹屋昌園(ささやしょうえん)さんのものがこういう生っぽい味でした。

粒の具合がいい。しっとりしてて、ムク、としてて。

満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」を食べてみました!ほどよい甘さ。

ぐ!とくる満足感。

和三盆が入っているせいでしょうか。

雅(みやび)な風味です。

しつこくないスッキリとした旨み。

(*^ー^*)隠れた名品だと思います。

こういうのを食べると、材料や作り方の真偽が分かるというものです。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想...「ふつ~」との事です。



>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2007年10月23日 14:15

トップページ > 満月 > 満月の羊羹(ようかん)「京納言(きょうなごん)」


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス