二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その2

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 二條駿河屋(にじょうするがや) > 二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その2

京都の美味しい 二條駿河屋(にじょうするがや) のお菓子

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その2

あの京都の松露

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その201

先週のつづき。二條駿河屋さんの松露(しょうろ)のレビュー。

ツイッターで、この箱と同じデザインをロゴに使っておられるというセンスのいい方がいらっしゃって、感動しました~。

このお店の松露(しょうろ)は京都の趣味人に好まれる。

知る人ぞ知る、感動の味なのでした。

美しや 京都のキノコ

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その202

思ったより小粒の松露。

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その203
二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その205

なんともいえない、不思議な色。

少し灰色?ブルー?かかった白色。

裏はこんな風。

餡の秘密

店主の方と色々なお話して、こしあんの作り方など。

餡というのは、渋をきらなくてはいけない、と。

沈殿させて、何回かさらして、渋をきる、丁寧で根気のいる作業が必要だとか。とても、優しい表情でお話くださいました。

餡作りに心を込めていらっしゃるのがジンジン伝わってきました。

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その210

大きな企業は、アンコを自家製で作らず、業者から仕入れている。

それもいいのですが、こんな風に、自家製の餡作りの話をきかせていただけるのは、京都の、こういうお店ならではのことでしょう。

いただきました

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その206

色々な京都の人のお話や、雑誌で聞いてはいたものの、これほどとは...。

周りの砂糖蜜のポリンと餡との一体感

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その208

松露を作るお店はいくつかあり、それぞれの良さがあります。

このお店の餡は、特に違う!

しっとりした感じ、独特...圧倒的に餡が違う。

生っぽい。瑞々しい。

粒餡?小豆の粒の食感が幸せすぎる~。

どちらかというと、甘めの味。風味よく、抹茶と非常にあいます。

ああ、びっくりした。

二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その201
>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2011年7月 8日 12:57

トップページ > 二條駿河屋(にじょうするがや) > 二條駿河屋(にじょうするがや) 松露(しょうろ) その2


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス