菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

トップページ > 清閑院(せいかんいん) > 菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」

京都の美味しい 清閑院(せいかんいん) のお菓子

菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」

夏の琥珀菓子

菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」

百貨店でおなじみの、清閑院(せいかんいん)。夏の琥珀菓子です。

岡山の会社だった

菓匠 清閑院(せいかんいん)

菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」この店の商品ってすごくきれいでセンスがいいんですよね。

でも、少々、「ヨソさん向けの美」が加味されていると時々思ってました。

最近知ったのですが、この会社、なんと、宗家 源吉兆庵(岡山資本)の子会社。

なんとなく納得しました。イメージ似ています。

開けてみました

菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」

美しい琥珀菓子。夏らしい。

「京都の昔からの京都らしさ」「ヨソさんむけの分かりやすい京都らしさ」。その差は何なんや。独断と偏見やんけ、という声もありそうですが...(すいません確かに独断と偏見です)。

ヨソさん向けが悪いと言っているのではなくて、むしろ、それは必要な分野。もちろんですが世間の99.999...%の人間は、京菓子マニアではない。そういう人には、わかりやすい美でプロデュースされているものをギフトに贈りたい。私もヨソさん。なので、こういうストレートな華やかなものに手が出たりします。本来の京都美は、込み入った思想が入り組んだもの。意外に地味でわかりにくかったりします。それを理解するには修行(?)が必要です。

京都人の込み入った美意識とは

菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」

見ているだけで涼しくなる素敵な和菓子です。一点の曇りもないキレイさ。

これのどこが京都美やないんや。込み入った美意識ってなんのことヨ?と思う方も多いかと。

こんな逸話があります。江戸時代の美人コンテストをご存知でしょうか。(詳細を忘れたのですが)「江戸・名古屋(大坂?)・京都」の三都対抗で着物美人コンテストをした。江戸や名古屋は美しい華やかな着物で登場。それに対し、京都は、モデルに地味な黒を着せ、取り巻きに派手な着物を着せた。その誰も考えもしなかった対比と演出に満場一致で京都に軍配があがったとか。

...さて、これを見事と思うか、「???」と思うか。

私が美学の専門家なら京都あっぱれと思う。けど、平凡きわまりない一小市民としてはどうかな~。コンテストに登場した着物をあげると言われたらまあ、江戸や名古屋のものを所望する(笑)。現実性がないもの。京都のは。世の中は、高度な美意識ばかり持った人ばかりではない。センスに自信のない私は、わかりやすいオシャレがしたい。菓子に限らず、京都の美はヤヤコシヤ~♪琳派のせいか、茶の湯のせいか知らんけど、実際なんやねん。美人コンテストに、ワザと地味を演出するって。イケズすぎやしないかい?!

食べてみました

イケズではない美と味をいつも演出してくれる清閑院(せいかんいん)。叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)さんの和菓子にもそういう傾向があると思います。ある意味、京菓子の隙間産業。(外から見たら王道に見えますが)

菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」

菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」蒸し暑い季節。この透明感、オシャレさ。見ているだけでウキウキしますね。レモン味の寒天というところがモダン。去年食べた大極殿本舗のレース羹(かん)なんてのをのを思い出しました。

これ、固くて、黒文字では食べにくい ...。刺せない...。

でも、口に入れるとプリプリといい感じ。甘さもほどよい。レモンは香料のみ?果汁の味はしないかしら。

さっぱりとした味とはいかないけど、外見を裏切らないニュートラルな美味しさ。右でも左でもない(笑)。

お中元やギフトに送るなら、これかしら。自分買いには、大極殿本舗かも。あのアヴァンギャルドさは忘れられないです。

powerd by 楽や

>>  このお店・老舗・ジャンルの他のお菓子の味はどんなの?試食レビューをもっとみる!
2008年7月24日 16:06

トップページ > 清閑院(せいかんいん) > 菓匠 清閑院(せいかんいん)「檸檬羹(れもんかん) 涼露(すずつゆ)」


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス