道明寺糒(どうみょうじほしいい)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 桜餅・椿餅の材料 さくら餅 のお菓子

道明寺糒(どうみょうじほしいい)とは?

京都の和菓子☆ドットコム
イメージです

河内の道明寺の干し飯(ほしいい)

干し飯(ほしいい)は、「糒」とも書きます。意味は、ご飯を乾かして、保存食にしたものです。この道明寺糒は、「糒」の代名詞ともいえるもの。

大阪河内の道明寺のものが起源で、なんと、1000年以上も前から作られていたのだとか。もち米を干して、石臼で軽くひいたもので、何年たっても品質が変わらず、変色もしない、素晴らしい保存食です。昔は、戦や、旅の携帯食でしたが、今では「道明寺粉」として、和菓子材料に用いられています。

食感は独特

蒸すと、弾力のある生地になり、お餅になります。蒸した餅の味は、弾力があり、米の形がそのまま餅になったような姿で、食感は独特の美味しさ。モチモチムチムチとした、優しい味わいです。

道明寺羹(どうみょうじかん)寒天にとかして、型にはめると、道明寺羹(どうみょうじかん)、になります。

別名、みぞれ羹ともいいます。

キラキラした透明感のある美しさがあり、涼しげな夏のお菓子によく使われます。

京都・関西の桜餅(さくらもち)などの材料

関東の桜餅は、小麦粉の生地で餡をまきますが、京都をはじめとする関西の桜餅は、この道明寺粉を使っています。はんなりとした桜の風味を楽しむには、道明寺粉を使った桜餅でなければ、と考える人もいて、関西らしい、おっとり、もったりとした桜餅です。また、京都の椿餅も、この道明寺粉を使ってあり、優しいピンク色のお餅に、道明寺の食感が風情があります。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年2月6日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス