はったい粉・麦こがし

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 和菓子材料 京都人愛用 のお菓子

はったい粉・麦こがしとは

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)

京都人の好む 不思議(奇妙?)なもの

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)昨年末の川端道喜の京菓子中の京菓子ともいえる記事。

その高級感のある流れをぶったぎり、一転して、こんな妙な粉のレビューになってしまいました。が、大真面目です。ワタクシ。

以前より、食べてみたかったのです。大福茶こぼれ梅水無月と並び、京都人の好む謎の菓子のひとつ。

はったい粉、麦こがしともいいます。簡単に言うと、はったい粉とは、小麦粉の香ばしいもの。大麦を煎って粉状にしたもの

手触り

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)手ざわりはサラサラとしています。香ばしい。きなこに似てる?

一袋200円程度。京都の市などで販売されています。錦でも買えるのではないでしょうか。和菓子材料として、使っているお店も多いようです。( 月乃ぴょん屋 釜なりや さんで麦こがし饅頭がある)

入江敦彦さんやグレゴリ青山さんの著書にも登場する謎の粉。他県でも食べられているようです。京都では特に子供の食べる菓子としてポピュラーなものです。

泣く子には粉食わしとけ」と言う言葉があるそうです。一説には、その粉とは、このはったい粉を指すそうな。

砂糖と混ぜて食べた

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)スタンダードな食べ方。

粉のまま、砂糖と混ぜてそのまま食べる。

粉だけ食べるオヤツなんて、小学校の駄菓子屋のパイプラムネ以来だわ…と思いつつ

これが結構うまい!

黄な粉に似てる?と思いましたがそこは小麦粉。素朴な香ばしさがたまらないです。

内心あなどっていたんですが(すいません…汗)これは、子供喜ぶだろうな〜という、びっくりな美味。

水で練って食べた

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)お次は、水で練るという食べ方。

少しずつ水をそそぎ、ねりねり。

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)これもなかなかいけます。

正直、見てくれは良くないんですが。素朴でしみじみ。

舌触りも良く、離乳食にもいいのでは。

クセがないんですよ。きなこより。香ばしさが華やか。

特にクッキーなどに慣れている現代っ子には抵抗感がないと思います。

このまま焼き菓子にしてもいいかも。

牛乳で はったいドリンクをつくる

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)そして、

店員さんにすすめられていた

牛乳混ぜドリンク。

少量の牛乳でねりねりしながらドリンクを作ります。

健康にいいとのことですが

ダマができる

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)げ!

ダマができた。

丁寧に練ったつもりだったのに。(←大不器用)

ミキサーを使えばよかったかも。

ミロに似ている

はったい粉・麦こがしとは。はったいこ、麦焦がし(むぎこがし)、煎り麦(いりむぎ)、香煎(こうせん)、煎り粉(いりこ)、御粉(おこ)、散らし(ちらし)、香ばし(こばし)、香粉(こうこ、こんこ、ここ)、はね粉(はねこ)、麦粉(むぎこ)牛乳はったい粉ドリンク。

おいしいです。

謎のコーヒー牛乳みたいな味

テレビで以前見たんです。濃い麦茶と牛乳を混ぜるとコーヒー牛乳の味になるとか。

それに近いのでは。カフェインもないし、お休み前のドリンクにいいかもしれません。

あと、小さい頃飲んだミロにも似てます。ミロの原料も大麦が主。ひょっとして、ミロって、このはったい粉を基に発明されたんではない?と思ってしまいました。ネスレに聞いてみようかしら。

powerd by 楽-yah
2008年1月11日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス