和菓子の原点、柿(かき)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい柿

柿(かき)

柿
イメージです

吉田神社に菓子の神さまが!

御所の東の吉田神社に菓祖神社というものがあり、お菓子の神様がいます。 その神様の一人が田道間守(たじまのもり)の尊(みこと)といい、 橘(たちばな)の枝を持っています。 そう、菓子の菓は、くだもの、木の実に由来するのです。

美味しんぼにも柿が!

漫画の「美味しんぼ」にも述べられていましたが、 菓子の本来の姿は果物、柿の優しい甘さにあるといいます。 柿の甘さは、和菓子の上質な甘さの原点があるのではないかということが述べられていました。 あの、どぎつくないが、心にキュッとくる懐かしい、奥深い甘さ。

禅定寺の言い伝え

京都の田辺の禅定寺には こんな言い伝えがあります。

ある飢饉の年、観音様が少女の姿になり、渋柿を美味しくする方法を 教えてくれたというのです。 だから、この里では、今日も昔ながらの方法で干し柿を作成しています。 干し柿は仏様から授かったものだと、とても大切にしているのです。

これは、古老柿伝説といわれ、宇治田原の古老柿の起源といわれています。

京都の富有柿は甘い

また、京都洛西、西山は、昔から知る人ぞ知る柿の名産地です。

富有柿という品種は、岐阜が発祥地で、甘く、人気があり、全国で作られています。 京都における、富有柿(大枝柿)の生産は、「愛宕おろし」と呼ばれる寒暖の差が甘さを非常に強めて、色つやのいい柿として愛されています。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス