寒梅粉(かんばいこ)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 和菓子材料 干菓子材料 のお菓子

寒梅粉(かんばいこ)とは?

京都の和菓子☆ドットコム
イメージです

寒梅粉(かんばいこ)は梅の粉ではない

最近、「私も京菓子に詳しくなったかも〜ぐふふふ」と、調子にのって、とある、和菓子屋さんで会話したときのこと。干菓子(ひがし)の材料である「寒梅粉(かんばいこ)」について、

「梅の粉なんですよね〜。どうやって作るんですか〜?」なんて言ってしまったので、店員さんにえらくたしなめられました。

「あんはん、それは…他所で言うと恥かきまっせ。寒い今頃、梅の咲く頃に作る粉だから、そういう名前なだけでっせ」

教えていただき、ありがとうございました。ひどい勘違い…。まだまだ全然シロウトでした…。でも、ここで恥を書いてネタにさっそくするワタクシ…ふふふ(笑)

みじん粉とは?

打物、押物と呼ばれる京菓子の大半は、寒梅粉を原料にしています。

それはもともと、「みじん粉」というもの。餅を延ばして鉄板で焼き、挽いて粉末にしたものが「みじん粉」といいます。微塵にした粉…という、そのままの意味なんでしょうね。

みじん粉を更にふるいにかけたものが「寒梅粉(かんばいこ)」

では、「みじん粉」と「寒梅粉(かんばいこ)」の違いは何なのでしょうか?それは、みじん粉をより篩(ふるい)にかけ、細かくしたもののことを「寒梅粉(かんばいこ)」というのです。

舌触りと香りがいいので新米が使われることが多く、この新米を粉に挽く時期が、冬のおわり、梅の咲く時期にあたるので、「寒梅粉」と呼ばれているとのことです。

梅そのものとはちっとも関係ないことがわかりました。が、寒い冬、春を待ちわびる梅のような繊細な味わいを、私は、京都の干菓子(ひがし)にやはり想像してしまうのでした。


powerd by 楽-yah
2007年1月18日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス