黒糖・黒砂糖とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい こくとう・くろざとう 黒蜜 のお菓子

黒糖・黒砂糖とは?

黒糖
イメージです

砂糖の伝来

菓子の基本となる、甘い砂糖。これは、テンサイや、サトウキビよりとれる”しょ糖”を成分としたものです。これは、いつごろから、あったものなのでしょうか。

最初の砂糖は、753年に来日した、鑑真によってもたらされたといいます。それは、いわゆる、黒い砂糖、黒糖で、サトウキビを原料とするものでした。当時は、砂糖を菓子としてではなく、薬として、用いられました。

明治までは黒糖が主流だった

江戸時代になり、砂糖の製造を薩摩藩が行うようになりました。しかし、白い上白糖が作られるようになったのは、明治維新以後。外国から白砂糖が伝わったのでした。それまでは、サトウキビを原料とする黒砂糖・黒糖が日本では主流だったのです。

黒糖・黒砂糖とは

現在、和菓子のほとんどが、上白糖の美しい砂糖を用います。黒糖は、和菓子の随所に使われ、黒糖の風味を生かしたお菓子になります。

黒糖は、さとうきびの搾り汁をそのまま煮詰めてあるので、独特の風味があります。精製していないため、多くの栄養分を含んでおり、健康にもよいと言われています。

どんな京菓子に使われるか

和菓子において、黒糖は、葛きりの黒蜜やカリントウに使われます。京都では、アン玉の「うば玉」の餡子に使われたり、京都の祇園祭の菊水鉾の名物、琥珀羹の「したたり」にも用いられています。

「うば玉」である、仙太郎の「老玉」は、質のいい黒砂糖の風味があり、人気銘菓です。虎屋の羊羹の「おもかげ(←販売サイトに飛びます)」にも黒糖が入っています。

黒糖の名産地は、もっぱら、沖縄や、奄美。上質なものが京菓子には使われる事が多いようです。


powerd by 楽-yah
2007年3月1日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス