宇治抹茶(うじまっちゃ)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京菓子の材料 宇治抹茶(うじまっちゃ)

宇治抹茶(うじまっちゃ)

抹茶
イメージです

CMでも有名な宇治茶

宇治抹茶。あまりにも有名で、どんな洋風の御菓子でも、抹茶を入れたらあら不思議。京風の御菓子の出来上がり♪という時期もありました。が、最近は、淘汰されて、厳選された宇治抹茶を使うものに京菓子のステイタスが付与されているようです。

また、サントリーのお茶のコマーシャルの影響もあり、京都の「宇治茶」の知名度はますます上昇中。この京都の象徴になりつつある、宇治抹茶とは、いかなるものなのでしょうか。

宇治抹茶とは

宇治茶を作る、宇治田原という土地は、京都府、綴喜郡にあります。

なんと、この地が、日本の緑茶の発祥の地なんだそうです。 鎌倉時代に栄西禅師が宋より持ち帰った茶の実を使って、宇治田原に茶畑が拓かれました。 後、この地で、茶葉を蒸して揉む、緑茶の製法が発明されました。お茶農家の永谷宗円という人が従来の 茶葉を摘んで干すだけの茶色い番茶から、妙なる緑の茶を完成させたのです。

茶室と共に成長

この緑茶発祥の地の宇治茶は、お茶作りに適した気候から、素晴らしい味のお茶が生産され、 歴代将軍家や、皇室に好まれたといいます。

また、宇治茶は、京文化の基礎である、茶の湯をささえました。茶室からの高度な味の要求に応えようと、 たゆまぬ努力をし、 伝統を守り、厳選された丁寧な工程を得て、今なお高品質のお茶を提供し続けています。

濃い抹茶ソフト

抹茶の御菓子を前面に出している老舗に、祇園辻利(ぎおんつじり)や、林屋茶園(はやしやちゃえん) などがあります。特に祇園辻利の、東山区祇園で食べる事のできる抹茶ソフトは、 濃くて鮮烈な抹茶の風味に一度食べたら忘れられない味です。


powerd by 楽-yah
2006年12月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス