生麩(なまふ)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都 生麩(なまふ)まんじゅう 麩饅頭 のお菓子

生麩(なまふ)とは?

生麩(なまふ)とは?
イメージです

生麩(なまふ)とは?

京都に来ると、店頭に並ぶ、色とりどりの美しい生麩(なまふ)。

生麩(なまふ)とは、小麦粉から作られるタンパク質のこと。小麦粉を練り、デンプンが抜けると「グルテン」という物質になります。それを蒸して作られるものが、「生麩」です。(焼くと、「焼き麩」になる)

ほら、小さい頃、小麦粉を水で練って、手でネブネブして遊んでいると、ガムみたいになるでしょう?あれが、生麩の正体なんです。

京都発祥の食品

生麩は、低カロリーの植物性タンパク質。栄養価が高く、ダイエットにも最適です。

元々は、千年ほど前、中国から日本に伝わったもの。京都の禅のお坊さんによって広まりました。

今日では、京料理に欠かせない食材になっています。

生麩のスイーツ

生麩(なまふ)とは?生麩を使った和菓子は、京都名物。

有名なのは、笹で包まれた生麩饅頭でしょう。

笹の香りに包まれた瑞々しい食感。

通常の餅とは違う、滑らかで洗練された味わい。この美味しさは、水の美味しい京都ならではのもの。モチモチしているのにツルリと爽やか。

身体が浄化されるような美味しさがあります。

有名店

和菓子屋さんが作る麩饅頭も多いですが、麩専門店のものが、特に人気が高いようです。

麩嘉(ふうか)の「麩嘉饅頭(ふうかまんじゅう)」は、青のりの風味で、著名人にも人気。また、東山の半兵衛麩(はんべいふ)のものも、評価が高いようです。いずれも、京都内百貨店でも買えますが、注意するのは売り場。和菓子コーナーではなく、豆腐・惣菜類の冷蔵コーナーにあることも多いのです。売り切れも早いので、お急ぎ&ご確認を。

また、近年は、ネットの京みずはも人気。このお店は、新鮮さが売りなので、通販でも、ひけをとりません。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽や
2007年7月23日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス