ニッキ・肉桂(にっき・にっけい)・シナモンとは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 八ツ橋の材料 京菓子の材料 のお菓子

ニッキ・肉桂(にっき・にっけい)・シナモンとは?

ニッキ・肉桂(にっき・にっけい)・シナモン
イメージです

少年隊は関係ない

ニッキ、肉桂とは。

実は、これ、洋菓子や紅茶でもお馴染み、シナモンの仲間なんです。正体は、なんと樹の皮。ニッキとは、クスノキなどの樹の皮を乾燥させたものです。

古代からある香辛料

唐菓子(とうがし)肉桂は、紀元前には、人類の歴史に登場しています。防腐剤などにも使われていました。今日も、お菓子だけでなく、カレーなど、幅広く使われていますよね。

日本には、8世紀に伝わりました。唐菓子(とうがし)には、肉桂が使われているものも。肉桂は、唐菓子と一緒に、大陸から伝わったものだと考えていいでしょう。

とても歴史の古いスパイスなんです。

京都の和菓子の一軍選手

京飴(きょうあめ)八ツ橋にも、ニッキは、なくてはならないもの。祇園饅頭のしんこ、また、外郎(ういろう)などにも使われています。

京菓子には、ニッキ味のものが沢山あります。

ツンとした香りが苦手な人もいます。ですが、意外に癖のない素朴な味も多いのですよ。食べてみて、あの、茶色のは、美味しかったなあ、なんだろう?と材料を見たらニッキ味だったりして。

ニッキは、京菓子の一軍選手なんです。


powerd by 楽-yah
2007年8月7日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス