京都の笹を使った粽(ちまき)・麩まんじゅう

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい笹(ささ)のお菓子

京都の和菓子の材料笹(ささ)

笹
イメージです

ちまきは食べられる?食べれない?

京都の祇園祭に訪れたら、 一度は買ってしまう、「粽(ちまき)」。そう、鉾や山が売っている、 グルグル笹でまいたアレ。 あれね、私、中は、食べられると思って買ってしまったのです。最初。 お守りとして、一年飾っておくものなんですね。あの、上手に縛った紐を解いてしまったよ。もったいない。

元々は保存食

粽とは、本来食べられる。そして、外が笹で包んであります。 何故、笹でつつんであるのでしょうか。いい香りがするからなんですね。 そして、殺菌作用があるんだそうです。昔から、餅や米を笹に包んで保存食として 持ち歩いたのがチマキのはじまりとの事です。

笹は手入れされてお菓子になる

京都の和菓子に用いられる笹の産地は、左京区の花背(はなせ)といわれる地域です。 形は他のものに比べると小さめで、毛が少ないので、餅等を包むのに適しているのです。 夏に刈り取られ、天日で干して保存されます。

笹といえばチマキ、粽といえば、道喜粽!

京都の笹を使った和菓子として、有名なのは、 川端道喜(かわばたどうき) の「道喜粽(どうきちまき)」、 があります。吉野葛と上白糖を練り、笹の葉に包み、長時間湯がきます。普通なら 蒸すところを湯がくところが、ミソ。余分な糖分がぬけて、あっさりとしたシンプルな 味わいになるのだとか。この店の初代店主は、あの、千利休や古田織部とも親交が深かったといいますので、 京都の和菓子の歴史には驚きます。

麩嘉まんじゅうは風味豊か

また、京都御所近辺の麩嘉(ふうか)の「麩嘉まんじゅう」は、 生麩を笹で包んだもの。 生麩は、餅ほど粘りがないので、ツルンと喉に通ります。 おまけに、この生麩は、なんと青海苔!この「麩嘉まんじゅう」、 最初に笹の青い香りを嗅いだあと、青海苔の磯の清清しい香りを楽しみながら、食する事ができるという なんとも典雅なお菓子なのです。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス