鳴門金時(なるときんとき)、さつま芋のお菓子

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい さつまいも サツマイモ のお菓子

京都の和菓子の材料さつま芋 金時

芋
イメージです

さつま芋とは?

さつま芋は、薩摩藩(今の鹿児島)に400年ほど前に、中央アメリカより伝わった食べ物。 薩摩藩はサツマイモのおかげで、飢饉に苦しむ時に、危機を逃れたのは有名なお話です。

鳴門金時が人気

あの、あまーいホクホク。滑らかな舌触りを楽しんで、 お茶で、ごっくんと喉に入れたら、もう至福の時!ですよね♪

和菓子でも大変人気のあるこの食材、産地としては、徳島の鳴門金時を挙げる老舗が多いようです。 特に甘さといい、風味といい、色といい、上質なこの鳴門金時、 京和菓子の世界にマッチするのでしょう。

鳴門金時は、焼くだけでも、 甘くて美味しくて、それだけでも上等なお菓子にもなる程美味しい、さつま芋です。 だから、和菓子にするときも、 クリームをふんだんに混ぜる西洋のスィートポテトとはまた違って、 金時の自然な甘さを生かした、作り方がなされているようです。

色々なサツマイモのお菓子

長岡京の「京みずは」の金時さんは、鳴門金時をふんだんに使い、大納言小豆と一緒に蒸して焼いた お使い物にぴったりのお菓子です。

また、北山の賀茂公家芋本舗の「公家芋(くげいも)」は変わりきんつばのようななんとも素朴な味わいで、 現代の京都のファーストフードといったところでしょう。ただし、材料は自然派吟味されていて、アトピーの子供でも安心して、 召し上がれるようにとの理念は、マクドナルドは公家芋の足元にも及びません。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス