和三盆(わさんぼん)を使った和菓子

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい和三盆砂糖のお菓子

京都の和菓子の材料和三盆(わさんぼん)

和三盆(わさんぼん)
イメージです

上品で泣けてくるあの甘さ…

あれ?あんまり甘くない?ちょっとホロ苦いかも?そして、じわ〜と、 旨みの詰まった甘さが口の中にじわじわと広がって解けていく…。独特の懐かしい香り。 なんだか、泣きたくなるような染渡る甘さ。 そう、それが和菓子に使われる、「和三盆」といわれる砂糖の味。

砂糖の歴史…

砂糖の中で、今日、最高級品といわれるこの和三盆。上質な落雁になくてはならないこの砂糖です。

砂糖の伝来は安土桃山時代になります。その頃、舶来の白い砂糖を「三盆白(さんぼんしろ)」 国産の砂糖を「和三盆(わさんぼん)」と呼ぶようになったといわれています。

和三盆はあばれんぼう将軍が作った?

和三盆の産地をして知られるのは徳島県です。19世紀に、 あばれんぼう将軍として知られる八代将軍吉宗が、高松藩主、松平頼高(よりたか)と 平賀源内に命じてサトウキビよりを使った砂糖づくりを研究させ、今日の製法が確立しました。

灰汁(アク)をとり、何度も何度も研ぎを繰り返して、 やがては、美しいなんとも形容しがたい薄く優しい色がついた、さらさらとした 三盆糖が出来上がります。

色々なお菓子

京都の和菓子で、和三盆は、落雁だけでなく、さまざまなお菓子に使われています。あられ、蕨もち、焼き菓子など。上品な、甘さが優しい、なんともいえない風味をお菓子に加味します。


powerd by 楽-yah
2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス