柚子(ゆず)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 柚子(ゆず)を使った和菓子 柚子の名産地

柚子(ゆず)とは?

柚子
イメージです

柚子は、和菓子向きのフルーツ

苺や、メロンなどのフルーツをいっぱい使用する洋菓子。しかし、和菓子にはフルーツはあまり登場しません。芋や栗は穀物に近いし…。しかし、「柚子(ゆず)」は、和菓子に比較的使われるフルーツでしょう。

そのまま食べない

柚子は、ミカンのような、柑橘類のひとつ。奈良時代に中国からきたといわれています。

しかし、ミカンのように、そのまま食べるのではなく、切って、果汁を風味づけや、薬味のかわりのように使うのが専ら。和菓子においてもそのような使い方をされています。

柚子はどんな風に使われているの?

爽やかで上品な柚子の風味が和菓子の世界に合うようです。饅頭や最中の餡などにも、柚子が使われます。また、黄な粉に柚子の風味付けをしたり。

柚子の京菓子として、有名なのは、鶴屋吉信の柚餅(ゆうもち)。「青芽柚子」という上質な柚子を使っています。

近年では、洋菓子の影響を受け、柚子のゼリー菓子やプリン、焼き菓子にも使われています。それでも、やはり、和菓子の風味なのは、日本人らしい果実だからなんでしょうね。

京都は、嵯峨野の水尾が柚子の産地として有名です。清和天皇の隠遁地として知られています。

こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽や


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス